あなたはちゃんと理解してる?自転車の改正道路交通法をおさらい☆

旅行・おでかけ

2015年6月1日より、新たに導入された自転車の改正道路交通法。
当たり前のように感じる内容が多い中、少しわかりにくく注意すべき項目もあるんです!
今一度確認して、事故が起こさず安全運転を心掛けましょ♡

新たに規定された自転車運転時の危険行為をおさらいしよう☆

2015年6月1日から、新たに自転車に関しての改正道路交通法が導入されましたよね☆
4yuuu!読者さんはママが多いので、自転車を使っている人も多いのでは?

まずは、どんな内容の危険行為があるか、改めておさらいしてみましょう♪

・安全進行義務違反 
・優先車妨害
・一時停止違反
・歩道で徐行しない
・信号無視
・通行禁止道路の走行
・車道の右側を走行 
・路側帯の歩行車妨害
・遮断機の下りた踏切への立ち入り
・ブレーキのない自転車運転
・酒酔い運転
・携帯電話などを使いながらの運転

これらは抜粋ですが、なんだかどれも当たり前のように感じませんか?
でも、この中でも分かりづらく、事故を招きやすい項目もあるので、今一度確認して、注意を払って安全運転を目指しましょ♡

改正道路交通法① 交差点での「安全進行義務違反」ってなに?

先程抜粋した項目の中で、《安全進行義務違反》という項目がありましたが、みなさんはコレがどんな行為を指すか知っていますか?

チョットわかりづらくて、あまり理解しないまま自転車を運転している人も意外と多いと思います。

コレは、信号のない道幅の同じ道路の交差点で、左から来た車輪の進行を優先しないと違反になる、というもの。

裏道の信号のないような交差点は交通量が少ないので、漠然と運転をしている可能性が大いにあります。事故防止のためにも、今一度確認をしてみましょう!

改正道路交通法② では、「優先車妨害」ってどんな行為??

最初にあげた項目の中でもう一つ、わかりづらいのが《優先車妨害》。こちらもまだあまり意味を理解している人が少ないのでは?

優先車妨害は、右折する際に対向した車輪の進行を妨げる行為のことを指します。

こうした規定は、自転車だけではなく、自動車でも違反と見なされる行為ですよね。自転車も一台の「車」であるという認識を持って運転をすることが重要です!

子どもを乗せての運転が多いママは、意識を子どもだけではなく、こうした規定にも向けられると良いですね!

改正道路交通法③ 規定をきちんと守りましょう♡

自転車同士の事故って、実は日常的に起きているとても危険なもの。

私たちも、自転車を安全に利用するためにも、下記のことをしっかりと守りましょう♡

・自転車は車道が原則で、安全が確保できない時などには歩道を走っても良い
・車道では左側を通行する
・歩道では歩行者優先で、車道寄りを徐行する

これらを頭に入れて、快適な自転車ライフを送りたいですね♪

「なんとなく……」。
そんな意識でいると、大変な事故を起こす可能性のある自転車。
こうした規定の改定を機に、新たに自分の走行を見つめ直すのも良いですよね。