3年間同じ服装で仕事に臨んだマチルダ・カールさん。その真意とは?

Baby&Kids / Life style

働く女性が世界的にも増えている中、まだまだ「女性だから」という意識が良くも悪くも根付いていますよね。
海外でジェンダーの壁を超えて、仕事に臨む女性、マチルダ・カールさんが話題になっています!
その姿勢から、働くうえで何が大切なのかという事を今一度考えなおしたいところです。

秋間 恵璃
秋間 恵璃
2015.08.11

マチルダ・カールさんに学ぶ仕事への姿勢① 必要以上に外見にとらわれていませんか?

出典:beauty.rakuten.co.jp

最近どんどん増えていく《働く女性》。
「ワーキングマザー」として子供を出産してからも、お仕事に励む女性が目立ってきています。

働く女性って、優しさだけではなくて、強さも兼ね備えていて素敵。そして目標を持ってそれを確実に達成して……同性から見てもとってもカッコいいですよね!

お仕事を頑張るのはもちろん良いことなのですが、必要以上に外見にとらわれてしまうことはありませんか?

確かに出勤時のファッションやヘアメイクは、ビジネスマナーとして最低限+αくらいまでは必要です。しかし、外見や服装ばかりとらわれていては、本末転倒だという事を示してくれた女性が今海外で話題になっているんです!

マチルダ・カールさんに学ぶ仕事への姿勢② 仕事に集中するには?

通勤時の服装は、ファッション誌でもメインで取り上げられるくらい、女性にとって重要なもの。

しかし、"そればかりに気を取られてしまっては本末転倒だ!"と示した女性が、ニューヨークで働くアートディレクターのマチルダ・カールさん。

マチルダさんは、なんと3年間毎日同じ服装で通勤しているのです!
「職場での服装は、仕事がデキるように見えるかということや、今日の仕事に適しているかなど、アタマを使う!でも、服装を決めてしまえば、それから解放されて仕事に集中できると思ったの♡」と、マチルダさんは語っています。

本来出勤するにあたって、何が一番大切かという事を教えてくれているかのようですよね。そんなマチルダ・カールさんの仕事に対する姿勢に注目が集まっています。

マチルダ・カールさんに学ぶ仕事への姿勢③ 白シャツに黒パンツが出勤着♪

"仕事にだけ集中したい!"
そんなマチルダ・カールさんが自分で決めて買い揃えた出勤着は、いたってシンプル。オールシーズン着ることが出来るアイテムでした。

白いシャツに黒いパンツ、寒い日には黒のレザージャケットをオン。

なんとコレだけなんです!
なんだかちょっと味気ないように感じるかもしれませんが、一番着回しもきくし、良い意味で人の目にも止まらないスタイルですよね。

ファッションで悩んで遅刻しそう!そんなことでは、仕事に集中できませんよね。

マチルダ・カールさんに学ぶ仕事への姿勢④ 外見は完璧にしなくていい!

マチルダさんは、出勤時の服装に関して「ジェンダーの問題でもある」と述べています。
どういった意味かというと、女性は出勤時でも常に外見を完ぺきにしていなければいけない。

そんな考えが知らず知らずのうちに定着してしまっていませんか?
でも、仕事をするにあたって、そういった外見は大きな問題ではない!という事を、世の女性に伝えたかったんだそう☆

"女子たるもの、常に美しくなければ!"

その志はとても素敵なことなのですが、なんでも「臨機応変」に対応するのがスマート☆ジェンダーを超えて、仕事だけに集中したいと思う彼女の姿勢はとても素敵ですよね♪

オシャレが大好きで女子力高く……
もちろんそれも大切なことですが、働く上で一番大切なのは「仕事に集中すること」ですよね!
何事にも臨機応変に対応できる素敵な人を目指したいものです♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。