15分で【一汁二菜】が完成♪"豆腐"が主役のスピード献立

グルメ・レシピ

15分で晩ごはんができあがれば、忙しい日も安心ですよね♪

今回ご紹介する献立のメインは、豆腐です。

出費が多くなる春ですが、節約食材を賢く使っていきましょう!

15分で完成!豆腐がメインになった献立《調理の流れ》

《15分で完成!一汁二菜 お品書き》

・あったかほっこり豆腐のそぼろあんかけ
・もやしのあえ物
・しいたけの中華スープ
・ごはん

この献立で使う食材は、5つ。

・豆腐
・豚ひき肉
・ネギ
・もやし
・しいたけ

野菜高騰時にも安定した価格で、火の通りが早い食材ばかり。調理時間を短くできますよ。

調理には、フライパンと鍋を使います。材料は、あらかじめ調理台の上に出しておきましょう。

冷蔵庫と調理台を行ったり来たりする回数が増えれば増えるほど、調理時間が長くなってしまいます。先に出せるものは出しておくのがベストですよ。

3品作る、大まかな調理の流れは、

①フライパンの半量程度の湯を沸かし、もやしを茹でる

②ザルに出してよく洗い、水けをきってボウルへ入れる

③もやしを茹でた後のフライパンでメインおかずを作りながら、鍋で汁物を作る

の3ステップ。もやしを茹でたときの余熱が残ったフライパンで作るので、その分、早く調理ができます。

メインおかず:あったかほっこり豆腐のそぼろあんかけ

メインおかず【あったかほっこり豆腐のそぼろあんかけ】の作り方です。

【材料:4人分】

絹ごし豆腐…2丁
豚ひき肉…200g
おろししょうが…小さじ2
ごま油…大さじ1

刻みネギ…適量

A
水…2カップ
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ3
みりん…大さじ2

水溶き片栗粉…適量

◆作り方

1:豆腐は食べやすい大きさに切る。

2:フライパンにごま油・しょうがを熱し、豚ひき肉を炒める。火が通ってきたら、Aを加えてひと煮立ちさせ、豆腐を加えて火を通す。

3:水溶き片栗粉を流し入れてとろみをつけ、ネギを散らす。

作り方2の煮詰める作業をしながら、鍋で汁物を作り始めましょう。

2品のサブおかず:もやしのあえ物としいたけの中華スープ

サブおかず【もやしのあえ物】と汁物【しいたけの中華スープ】の作り方です。

サブおかず【もやしのあえ物】

【材料:4人分】

もやし…2パック

A 塩・こしょう…各少々
A 鶏がらスープの素…大さじ1
A ごま油…大さじ1
A めんつゆ(4倍濃縮)…小さじ2

黒いりごま…適量

◆作り方

1:フライパンに半量程度の湯を沸かし、もやしを茹でる。ザルに出し、水洗いして、水けをしっかり絞る。

2:ボウルに合わせたAを入れて混ぜ、1.のもやしを入れてあえる。ごまをかけて仕上げる。


続いて、汁物の作り方です。

汁物【しいたけの中華スープ】

【材料:4人分】

しいたけ…小1枚
水…3カップ

A
鶏がらスープの素…大さじ1と1/2
ごま油…少々

刻みネギ…適量

◆作り方

1:しいたけは薄く切る。

2:鍋に湯を沸かし、しいたけを加えて火を通す。

3:合わせたAを加えて味をととのえる。器に盛り、刻みネギを散らす。

いかがでしたか?

火の通りの早い食材を組み合わせることで、調理時間を短くでき、手早く晩ごはんを作ることができます。

ぜひお試しくださいね。