小さなお子様にも安心♪身近なアイテムを使う上手な除菌対策とは?

子育て・ライフスタイル

まだ小さな子供は、何でも口に入れてみたくなるもの。また、大人であれば今までの経験から分かる「ここは汚い場所だ」という認識も未熟で、汚い場所に興味を示すことだってあります。親としては、子供がなるべく細菌と触れ合わず、毎日を健康に過ごしてもらいたいですよね。

でも、細菌は目で見て確認しにくいもの。最近では、様々な抗菌グッズが増えてきましたが、実際のところ本当に効果があるのかは不明です…。だからと言って、強力な殺菌作用のある液体を子供のまわりにふりかける訳にはいきません。そこで今回は、私達の身近にあるナチュラルアイテムを活用した、除菌対策をご紹介します。

身近にあるアイテムを使った除菌対策①熱湯を活用♡

まずは、昔から親しまれている熱湯消毒を活用しましょう。熱湯消毒は、医療現場でも活用されているほか、産婦人科では赤ちゃんの哺乳瓶消毒として使っている所も多い殺菌方法です。

熱湯消毒の利点は、コストをかけずにお水を沸かすだけという手軽さと、薬剤を使うことによる残留の心配が一切ないところ。冷めてしまえば水になる訳ですので、小さなお子様が舐めてしまったところで全く問題ありません。

食器や調理器具といった、キッチン周りのアイテムやお子様の玩具類を煮沸消毒するのはもちろんですが、お風呂やトイレなどを掃除する際に、さっと熱湯を掛けてから行うと、菌の増殖を抑えることができて汚れが落としやすくなりますよ。

この際には、くれぐれも火傷に注意してくださいね。

身近にあるアイテムを使った除菌対策②お酢を活用♡

調味料として活躍するお酢にも、かなりの殺菌効果が期待できます。注意したいのは、酢酸を主成分とするもので、お砂糖やみりん、出汁などの調味料が混ざっていないものを選ぶことです。

細菌が繁殖しやすいまな板をしっかり洗剤で洗った後に、お酢をかけておくだけで、細菌はゼロに近い数に減少すると言われています。調理器具だけではなく、50℃程のぬるま湯にお酢をプラスし、お野菜などを洗ってから使うのもオススメですよ。

その際に行ってほしいのが、スプレー容器に原液のお酢を入れ替えておくこと。スプレーであれば、薄く満遍なくお酢を広げることができますよね。

お風呂の壁カビなどに直接スプレーするもよし。ゴミ箱の匂いが気になる時には、ゴミの上から酢プレーをかけるのもオススメです。こうすることで、ばい菌の繁殖速度を低下させることができますよ。

身近にあるアイテムを使った除菌対策③重曹を活用♡

引用:www.live-science.com

ナチュラルな掃除グッズとして知られている重曹。本来は、重曹そのものに殺菌効果はありません。

しかし、重曹には優れた除湿力と匂いの吸収力があり、カビの多い場所やジメジメとした細菌の繁殖しやすいところに活用することで、湿気や悪臭を吸収。殺菌効果の手助けをしてくれます(^^)

特に、重曹による消臭効果は抜群で、排水溝やお風呂のパイプなどの臭いが酷い時、重曹をふりかけてぬめりやカビを落とし、その後にお酢を流してあげるだけで、びっくりするほど綺麗に、そして無臭になります。

また、靴箱などには重曹をガーゼなどで包んだものを置いておきましょう。湿気と匂いを吸収し、快適な玄関に導いてくれますよ♡

身近にあるアイテムを使った除菌対策④お塩を活用♡

引用:www.fushitaka.com

最後にご紹介するのは、古くから防腐作用があるとして親しまれてきたお塩。長持ちしない食材であっても、お塩にしっかりと漬けておくことで、食材が長持ちすることは広く知られていますよね。

その秘密は、お塩の浸透圧。細菌のもととなる微生物がお塩に触れることで、微生物の中にある水分をお塩がみるみると吸収して、その結果、微生物が死んでしまうのです。

買ってきたけれど、すぐに使わないお肉やお魚は、1度お塩に漬けてから保存することで細菌量を減らす効果があり、さらに塩分が中まで染みる分、味付けの手間が激減します。なので、食材を美味しく手軽にいただくことができますよ。

また、同じく除菌に効果的なお酢との相性も抜群。お塩はお酢と合わせることで、お酢の濃度を高めることができます。カップ一杯程度のお酢に対して、大さじ一杯程度のお塩をプラスしましょう。

このようにすることで、よりパワーを高めた除菌&掃除クリーナーとして活用できますよ。

いかがでしょう?

小さな子供がいると、強力な殺菌洗剤を使うのに躊躇してしまうところ。だからと言って、汚いままでいる必要はありません。今回ご紹介したナチュラルアイテムを活用すれば、毎日綺麗で快適なお家をキープできますよ♡
2015年最後の大掃除にも、ぜひ活用してみてくださいね。