放ったらかしで1品完成♡時短と手抜きが叶う”炊飯器調理”のレシピ

グルメ・レシピ

子育てをしながら、また仕事をしながらたくさんの家事をこなすのは大変ですよね。

特に食事の準備は毎日のこと。主食、メインを作り、さらに副菜を何品かに汁物……と、全部を丁寧に作っていると時間もかかります。

今回は、そんなママたちに嬉しい”ほったらかし時短レシピ”をご紹介します。炊飯器に入れておけば、付きっきりで調理をしなくても、勝手に仕上がりますよ♪

炊飯器レシピ①ジューシー♡チキン&中華おこわ

引用:www.recipe-blog.jp

炊飯器調理の嬉しいところは、火加減や吹きこぼれの心配がなく、また炊飯器が調理してくれている間に、自分は他の調理ができるところです。

こちらのレシピは、なんとチキンとおこわが炊飯器1つで同時にできてしまう嬉しい1品!

チキンは、炊飯器に入れる前に皮に焦げ目がつく程度焼いておくことで、香ばしさが増し、見た目の美味しさも倍増します。

炊飯器でじっくりと蒸すことで、ジューシーで柔らかなチキンが完成します。

《チキン&中華おこわ》 レシピはこちら

炊飯器レシピ②らくちんハンバーグ♪

引用:www.recipe-blog.jp

1人分ずつ焼くのは手間もかかり、焼いている最中はコンロから離れることができないハンバーグ。

焼きすぎて硬くなってしまったり、逆に中までしっかりと火が通っているのかわからなかったり……。

そんな心配もいらず、ジューシーに仕上がる炊飯器レシピは、忙しいママの強い味方です♪

《ハンバーグ》 レシピはこちら

炊飯器レシピ③味付けまで完成!ジャーマンポテト

引用:www.recipe-blog.jp

炊飯器レシピと聞くと、煮込み系や炊き込みご飯系をイメージされる方も多いと思いますが、こんな副菜も作れるんです。

具材も調味料も、全て一緒に炊飯器に入れればできあがり♡

お鍋で茹でて、フライパンで炒めて、味付けをして……といった手間もなく、洗い物も少なくて嬉しいですね。

《ジャーマンポテト》 レシピはこちら

炊飯器レシピ④作り置きできる♡チャーシュー

引用:www.recipe-blog.jp

じっくり煮込む必要があり、手間のかかるイメージのチャーシューも、炊飯器を使えば簡単に美味しく作れます。

できたてアツアツをそのまま食べても美味しいのですが、作り置きしておけるので、たくさん作って冷蔵庫にストックしておいてもいいですね。

ご主人のおつまみや、チャーハンの具材、ラーメンのトッピング、お弁当のおかずにもピッタリですよ♡

《作り置きチャーシュー》 レシピはこちら

炊飯器レシピ⑥応用いろいろ♪混ぜるだけバナナケーキ

引用:www.recipe-blog.jp

最後にご紹介するのは、炊飯器レシピの定番!ホットケーキミックスを使ったケーキです。

中でも、バナナケーキは子どもも食べやすく、作り方も混ぜるだけで簡単!一緒に作っても楽しいですね♪

大きくカットしたバナナやナッツでアクセントを加えたり、チョコチップで風味を足しても美味しくなります。

また、ホットケーキミックスの代わりにパンケーキミックスを使い、魚肉ソーセージやウインナー、レンジで火を通したジャガイモなど、お好きな野菜を入れて作れば、休日のランチにも嬉しい簡単ケークサレのできあがりです。

《バナナケーキ》 レシピはこちら

炊飯器の匂い移りは大丈夫?

「他の具材を調理すると、炊飯器に匂いが移らない?」と心配される方もいるかもしれません。

基本的には、毎回内蓋やゴムまでしっかりと洗っていれば、匂い移りは気にならないと思いますが、もしも匂いが気になった場合の対処法を簡単にご紹介します。

【炊飯器の臭い取り】
①炊飯釜の8分目ほどまで水を入れ、レモンのスライスを1個分入れて、通常の炊飯をします。

②炊き上がったら保温にはせず電源を切り、自然に温度が下がるまで待ちましょう。

③最後に、内蓋や上記の部分のキャップなど細部までしっかりと洗い流し、よく乾かすことをおすすめします。

いかがでしたか?炊飯器調理で、食事の準備の負担や時間を少しでも減らせるといいですよね♪