まつ毛ふさふさになる薬「グラッシュビスタ」ってなに?

美容

日本初のまつ毛貧毛症治療薬として、厚生労働省から製造販売承認を受けた薬があることご存知ですか?
化粧品の分類である「まつ毛美容液」とは違う、効果が期待される薬として発売されています!
どんな薬なのか紹介します☆

グラッシュビスタ

引用:www.akaikeskincare.com

日本初のまつ毛貧毛症治療薬として、厚生労働省から製造販売承認を受けたのは「グラッシュビスタ」という薬。

グラッシュビスタは製品名で、一般名は「ビマトプロスト」。
プロスタマイドF2αに類似した構造を有するプロスタマイド誘導体です。
…というと難しそうですが、要するに、睫毛貧毛症に対する効果・効能を持った薬で、使うことでまつ毛の長さが出たり、太くなったり、濃くなったりします。

睫毛貧毛症とは、まつ毛が不十分であったり、もの足りなかったりすること。
発毛可能な毛包が存在しない場合は効果が出ないこともありますが、治療で改善されることが多いんです。

元々は副作用だった!

「グラッシュビスタ」には、実は同じ成分の薬があるんです。
それは緑内障の薬。「ルミガン」として使われています。
緑内障の治療薬を使っている人は、副作用でまつ毛が長くなったり太くなったりするそう。

実は、「グラッシュビスタ」はその「副作用」に注目し開発された薬なんです!
副作用から薬が開発されると聞くと驚く方がいらっしゃると思いますが、副作用に注目してできた薬って、意外とあるんですよ。

「グラッシュビスタ」が日本初のまつ毛貧毛症治療薬として認可を受けたのはつい最近。
2014年2月厚生労働省から製造販売承認を受けました。

グラッシュビスタの注意点!

引用:www.pref.kanagawa.jp

ただし、薬ですので注意点があります。

・メラニンの増加により黒目(虹彩)の色が濃くなることがあり、投与を中止しても元に戻らないことがあります。
また、片目のみ使用している場合には、左右の黒目の色に差が出てくる場合もあります。

・メラニンの増加により、まぶたが黒ずむことがあります。
液を塗布する時、上まつ毛の生え際以外に液がつかないように注意する必要があります。

・妊娠または妊娠した可能性のある人は使用は避けるようにしてください。
動物実験で早産、流産や胎児死亡などが報告されています。

・授乳中の人は使用を避けてください。
やむを得ず使用する場合には授乳を中止する必要があります。

グラッシュビスタを使う際には、必ず医師の説明を受けましょうね。

グラッシュビスタの取り扱いはどこ?

引用:www.mixonline.jp

グラッシュビスタの取り扱いは主に病院です。
病院で医師に診察してもらって、処方してもらう必要があります。

美容皮膚科、皮膚科、内科、外科などのクリニックで取り扱いが多いようです。
ただし、どの病院でも取り扱いがあるわけではないので、注意してください!

また、自由診療になりますので、保険適応外です。
費用は病院によってことなりますが、2万円前後が多いようです。

まつ毛ふさふさと聞くと試してみたくなりますよね!
1本2万円が高いか安いかは効果次第?まつ毛が少なくて悩んでいる人には嬉しい薬ですね☆