「オバゾーン」を撃退!プロの艶肌メイクテクニックでレフ板効果♡

美容

写真撮影の際などに使用するレフ板は、光を効果的に集め、それを反射させることで肌をきれいに見せてくれるもの。

今回は、そんなレフ板を持ち歩いているかのように肌がきれいに見える、簡単なメイクアップ法をお伝えします。

プロのメイクアップアーティスト達がヒミツにしているテクニックできれいになりましょう!

今回のテーマは、"まるでレフ板をあてているかのような艶肌メイク"。


ポイントは、「オバゾーン」の撃退です!

このテクニックは、隠すというよりは明るさを演出し、顔のメリハリ、立体感を出すもの。リキッドコンシーラーとハイライトを使用します。

みなさんが普段されているメイクにプラスするだけで、簡単なのに、まるでプロが仕上げたかのような仕上がりになるんですよ♪

撃退すべき「オバゾーン」はここ!

オバゾーン撃退に使用するアイテムの一つ目は、筆ペンタイプのコンシーラーです。

今回は、リキッドタイプのコンシーラー「イヴ サンローラン ラディアントタッチ」カラー02を使用しました。

高さを演出したい部分に使用するだけで、くすみ、たるみの解消だけでなく、メリハリも作れてしまう優れものです!

お好きなメーカーのアイテムでも、同じようにオバゾーンを撃退できます。

購入のポイントは、みずみずしいテクスチャーのもの、そして色味は、明るいイエローベースの肌色のものを選んでくださいね。

「オバゾーン」撃退メイクスタート!

では、さっそくオバゾーン撃退メイクを始めましょう!

①朝、普段通りにスキンケアをし、肌へたっぷりと潤いを与えます。

②くすみを取る下地、又はBBクリームを顔の5か所(おでこ、両頬、鼻、あご)にのせ、内側から外側にのばします。

③パウダーファンデーションをのせる前に、気になるオバゾーン(目尻、目の下、ほうれい線、高く見せたい鼻筋)に、コンシーラーを絵の通りの三角形・直線にのせます。

④③のコンシーラーを指でやさしくたたき込み、その部分を軽くお粉で押さえます。

オバゾーン以外をパウダーファンデーションで押さえることで、今までにないメリハリ肌に大変身!

※リキッドファンデーションの場合は、ファンデーションを顔全体にのばしてから、オバゾーンにリキッドコンシーラーをのせて叩き込み、お粉で押さえます。

⑤頬の高い位置にチークをのせ、ふっくら感を演出します。

⑥先ほどリキッドコンシーラーをのせた部分に、ハイライトパウダーを大き目のブラシでふんわりのせます。

コンシーラーの上からハイライトを重ねることで、より立体感が生まれ、まるで下からレフ板をあてているかのようなメリハリのある肌に仕上がります。

今回使用したのは、MACの「ミネラライズ スキンフィニッシュ」(カラー:ライトスカペード)です。

ぜひみなさんも、オバゾーンにリキッドコンシーラー&ハイライトパウダーをプラスして、透明感のある艶肌を演出してください。

いかがでしたか?普段のメイクにほんの少しのテクニックプラスするだけで、どなたでも垢抜けた、明るい印象に変身できます。

メイクは、ほんの少しのコツが大事!

今回ご紹介した「オバゾーン」撃退テクニックできれいな艶肌を手に入れて、忙しい毎日を明るく、元気に過ごしてくださいね♪