高橋愛さんも夢中♡着膨れしない「ダウン×パンツ」のおしゃれコーデ

ファッション

「ダウン=おばさん」のイメージは年々薄れていますが、着こなしが上手く決まらず、おしゃれに見えないと悩んでいる方も多くいるのではないでしょうか。

今回は、高橋愛(たかはしあい)さんも夢中になっている、着膨れしない「ダウン×パンツ」のおしゃれコーデをご紹介します。

着膨れしない「ダウン×パンツ」のコーデ:高橋愛さんのカジュアルコーデが参考になる!

引用:wear.jp

モデルでタレントの高橋愛さんは、常にトレンド最先端のおしゃれを楽しんでいることでも有名です。

ご結婚後は、様々な年齢層の女性から、その着こなしが注目されています。

この冬、高橋愛さんも夢中になっているのが、ダウンを使って着こなすパンツスタイル。

ダウンとパンツを合わせると、着膨れしてしまう上に、ご近所感が強くなってしまいそう。

しかし高橋愛さんは、ボリューム感のあるショートダウンに、デニムのワイドパンツを合わせることで野暮ったさを回避し、おしゃれに仕上げています♡

ノルディック柄のニットを合わせて華やかさをプラスするなど、細部まで着こなしのセンスが感じられます。

引用:zozo.jp

〈MURUA〉ショートボリュームダウンジャケット

¥16,740

販売サイトをチェック

着膨れしない「ダウン×パンツ」のコーデ:アンクル丈のデニムを合わせて鮮度アップ

引用:wear.jp

パンツと組み合わせる時には、ショート丈のダウンがバランスがとりやすいのでオススメです。

ダウン×デニムの組み合わせは、冬の着こなしの定番中の定番。

定番の着こなしに鮮度をプラスするのであれば、今年らしさのあるデニムを合わせるのが◎

フリンジ加工が施されたアンクル丈のデニムを合わせると、重心が上がって、おしゃれ度が増すので、ぜひ試してみてくださいね♪

引用:zozo.jp

〈TODAYFUL〉HELENA'sデニム

¥16,200

販売サイトをチェック

着膨れしない「ダウン×パンツ」のコーデ:ウエストシェイプ×小物使いのバランスが大切!

引用:wear.jp

もちろんロング丈のダウンも、パンツと相性が悪いわけではありません!

ロング丈のダウンとパンツを合わせる際には、ウエストをシェイプしておくと、着膨れせずに、すっきりと着こなすことができますよ♡

小物使いにも着目して、おしゃれに仕上げるのがポイント!

ベレー帽やレースアップディテールのシューズを合わせることで、印象に残る1つ上のおしゃれを楽しむことができます。

着膨れしない「ダウン×パンツ」のコーデ:ダウンベストでコンパクトに仕上げる!

引用:wear.jp

ダウンには様々な種類があり、いずれも防寒性に優れていることが最大のポイントです。その中で、一番コンパクトに着こなせるのがダウンベスト!

ダウンベストは、袖がなくても意外と暖かく、冬にも愛用する方が多数いるアイテムなんです。

ダウンベストを着るのであれば、シャツとデニムを合わせて、ちょっぴりトラッドな感覚でプラスするのがおしゃれ♪

首元にマフラーを巻くと、さらに暖かさが増しますよ。

着膨れしない「ダウン×パンツ」のコーデ:首元にアクセントを置く

引用:wear.jp

ダウンはもともと、他のアウターと比べてボリューム感のあるアイテムなので、常に重心を上に持ってくる着こなしを意識するのがオススメです。

パンツと合わせる際には、マフラーやストール、スヌードなどを使って首元にアクセントを置くと、重心が挙がっておしゃれに見えます♡

スニーカーを履いたカジュアルコーデでも、ここを意識するだけで、スタイルアップ確実です!

着膨れしない「ダウン×パンツ」のコーデ:全身のトーンをまとめる

引用:wear.jp

さらにダウンとパンツの着こなしを上級に仕上げるのであれば、すべてのアイテムのトーンをまとめた着こなしがオススメです。

ホワイトとベージュを合わせた着こなしは、上品でスタイリッシュに仕上がるので、ぜひ取り入れてみていただきたいカラーバランス♡

膨張色だからと敬遠してしまうかもしれませんが、トーンを合わせると、着こなし全体がスッキリとして見えますよ♪

ダウンとパンツは、工夫次第で着膨れせずに、おしゃれに着こなせます。

寒さが増す季節に、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。