夫婦間で統一すべき?子育てに対する意見の食い違い……対処法とは

夫婦間で統一すべき?子育てに対する意見の食い違い……対処法とは

子育て中の夫婦によくあるのが、「意見の食い違い」です。

夫婦とはいえ、育った環境などは異なるので、子育て方針に違いがあるのは当たり前です。

また、ママ・パパそれぞれの置かれた立場から見える世界も違いますから、多少の意見の食い違いは当然と言えば当然。

夫婦間での意見の違いに、どのように向き合っていったら良いのか、考えてみましょう♪

子育て中の夫婦にありがち!意見の食い違いへの対処法①自分の気持ちを分析してみよう

子育てをしていると、頭の中が子どものことでいっぱいになり、気持ちに余裕がなくなりがちです。

そのようなときに、子育て方針などで夫婦で意見の食い違いが生じれば、ついついイラっとしてしまいますよね。

「私の方が、子どもとたくさん時間を過ごしているのに!」と思うこともあるかもしれません。

まずは自分の気持ちにちょっぴり向き合い、不安やイライラの原因を分析してみましょう。

冷静に意見を伝えられれば、パパが理解して歩み寄ってくれることも多いものです。

子育て中の夫婦にありがち!意見の食い違いへの対処法②相手の真意を探るべし

ママとパパで子育てに対しての感覚や意見が違うことは、子育て中の夫婦にしばしば起こる現象です。

何気なく放ったパパの一言に意見の食い違いを感じているなら、その言葉の真意を考えてみましょう。

予想外の考え方が判明し、「なるほど!」と納得するケースもありますよ。

真意がわからない場合は、素直に聞いてみましょう。

子育て中の夫婦にありがち!意見の食い違いへの対処法③思いは共有したい!?

自分の気持ちを見つめ直し、相手の真意を探ると、子育てに対するそれぞれの思いが見えてきます。

意見の食い違いは、思いの共有ができていないことからくることもしばしば。

じっくりと夫婦で話し合い、子育ての方針を一つ一つ決めていけると良いですね。

思いさえ共有できていれば、子どもへの伝え方や教育の仕方が多少違っても、お互いに理解はし合えるはずです。

子育て中の夫婦にありがち!意見の食い違いへの対処法④子育て方針の違いは第三者の意見も参考に

妻側の両親、夫側の両親などに子育ての先輩としての意見を仰ぐことも、もちろん解決策としてアリ!

でも、一昔前の子育ては、今の子育ての非常識ということもあるので、見極めが必要です。

親子間の認識の違いが、さらなる意見の食い違いを招いてしまうことがありますから、第三者に相談するなら、子育て仲間や専門家に聞くのがベターかもしれません。

自治体では、育児相談窓口などを用意しています。

こうした公的窓口を上手に活用するのも、良いでしょう♪

オススメの相談先①子育てホットライン「ママさん110番」

自治体の相談窓口以外にも、いろいろな子育ての悩みを相談できる場所は見つかります。

夫婦間で意見の食い違いが出てきたなら、専門家に相談し、その旨をパパに伝えると納得してくれるかもしれません。

例えば、社会福祉法人・日本保育協会では、子育てホットライン「ママさん110番」を開設しています。

プロの保育士を支援している団体が運営しているだけあって、専門的な見地から回答してくれますよ。

子育てホットライン「ママさん110番」
・相談時間:10:00〜16:00
・電話:03-3222-2120

*2017年9月1日からは相談時間に変更あり
10:00〜12:00、13:00〜16:00(火・木・金のみ)になります。

子育てホットライン「ママさん110番」

オススメの相談先②子育て・女性健康支援センター

助産師さんに子育ての相談をできるのが、全国にある「子育て・女性健康支援センター」です。

妊娠や出産、更年期、不妊など女性の悩みにも対応してもらえますから、夫婦間での意見の食い違いだけでなく、女性特有の悩みを抱えている方は、相談してみても良いでしょう。

子育て・女性健康支援センター
*開設時間・電話番号はセンターによって異なるので、ホームページをご確認ください。

子育て・女性健康支援センター

オススメの相談先③エンゼル110番

森永乳業株式会社が開設している「エンゼル110番」は、小学校入学前までの子育ての相談ができる窓口です。

フリーダイヤルなので、金銭負担も軽減されて安心!

夫婦間で子育ての意見の食い違いが生じたら、まずは気軽に電話してみましょう。

エンゼル110番
・相談時間:10:00〜14:00(月〜土)
・電話:0800-5555-110

エンゼル110番

オススメの相談先④明治乳業 赤ちゃん相談室

0歳から3歳児までは、離乳食の作り方や発育の状況など不安が多い時期かもしれません。

そのような時期の栄養相談を栄養士さんにできるのが、「赤ちゃん相談室」です。

有資格者に話を聞いてもらえるという点は、安心感抜群。

食べ物のことで夫婦間に意見の食い違いが出た際は、利用してみましょう。

赤ちゃん相談室
・相談時間:10:00~15:00(月〜金)
・電話:0570-025-192

明治乳業 赤ちゃん相談室

子育て中は、夫婦間で意見の食い違いが多少なりとも生じることは仕方のないこと。

だからこそ、食い違いが生じた際にどう対処するべきなのかをあらかじめ知っておけば、ストレスも半減しますね♪

今まで意見の違いに悩んでいた方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

子育て 意見の食い違い 夫婦 対処法

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小内はじめ

おしゃれなもの、DIY、ふらふら一人旅が大好きなフリーライター。
手を動かすことが大好きで、可愛…

>もっとみる