下準備いらずで時短できる♡”冷凍野菜”でお料理を簡単にするコツ

グルメ・レシピ

お料理をするとき、野菜を洗って下準備をすると意外と時間がかかるもの。
特にお野菜はその手間がとてもかかるし、量が多いとなかなか使い切れなくてだめになってしまった…なんてもことも。
そこで今回は、下準備を楽にして野菜を腐らせることもない「冷凍野菜」についてご紹介いたします♪

”冷凍野菜”で下準備いらずの時短料理♡①冷凍野菜を作る方法って?

出典:www.sembatohka.co.jp

冷凍野菜を作る方法は簡単♪

まず野菜をよく洗います。そして水を十分に切ったら、使いやすい大きさに切ります。この時に、キャベツなど量のあるものであればざく切りにしたもの、千切りにしたものなど、いくつかの切り方のものを用意しておくと後々便利です。

切ったらジップロックなどの保存袋にいれます。この時のコツは平たく入れること。平たく入れることで使うときに「パキッ」と簡単に折れるので、使いたい分量だけを使うことができますよ♪

そして、冷凍庫にいれれば完成です!

”冷凍野菜”で下準備いらずの時短料理♡➁冷凍野菜にオススメの野菜は?

出典:cookpad.com

冷凍野菜できるお野菜はたくさんあります。オススメ食材は、キャベツ、ブロッコリー、いんげん、トマト、プチトマト、ヤングコーン、カブ、とろろいもなど。

これからの季節にお蕎麦を食べることも増えるかと思いますが、そんな時におすすめなのが擦ったとろろいもです。小分けの袋にいれておけば、毎回冷凍庫から解凍するだけで擦る手間なくとろろそばを楽しめるのでオススメです♪

またトマトも冷凍することで皮がむけやすくなるため、洗った後にヘタをとって冷凍しておくと便利ですよ♡

”冷凍野菜”で下準備いらずの時短料理♡③冷凍野菜に不向きなものって?

なんでも大丈夫!と言いたいところですが、やはり不向きな食材も。冷凍野菜に不向きなものは、水分を多く含む葉物のお野菜やお芋系です。

葉物の場合、冷凍することで解凍時にうまく戻らず美味しくなくなってしまったり、お芋は調理をしたもので冷凍すると崩れてなくなってしまったりします。

こういった食材は冷凍せずに、美味しく食べるためにも早く使い切るようにしたいですね☆

”冷凍野菜”で下準備いらずの時短料理♡④冷凍野菜を美味しく食べるコツ!

冷凍野菜を美味しくいただく為には、やはり自然解凍をオススメします!

使うお野菜を2~3時間前に常温に戻し、調理すると美味しいです。もちろん加熱するものなら、冷凍されたものをお好きな分量だけそのまま鍋にいれてもOK!ただ、少しでも常温に戻してからの方が無駄な水分が省かれて美味しいかと思います。

トマトの皮をむく場合は、冷凍室から出した後お水につけながら剥くとすぐに剥けますよ♪

いかがでしたか?買った時のひと手間でのちのち楽ができてしまう”冷凍野菜”をご紹介しました。
冷凍食品の野菜ではなく、自家製の冷凍野菜を使えば農薬や添加物もなく、安全に楽しむことができます。
みなさんもぜひお試しされてくださいね♪