本格的な夏が来る前に!今からできる髪の毛の「紫外線対策」

美容

ゴールデンウィークが過ぎて、紫外線が気になる季節に突入しましたね!

ボディやフェイスはしっかりと紫外線対策をするのに、忘れがちなのが髪の毛です。

今回は、本格的な日焼けシーズンになる前の今からできる、髪の毛のスペシャルケアをご紹介します!

まずは、シャンプー前のポイントからお伝えします。

「一刻も早く汗を流したい!」となると、お風呂に入る前に髪の毛を入念にブラッシングすることを忘れがちですよね。

しかし、入浴前のこのブラッシングが美髪を作るポイント!

ブラッシングをすることで、絡まった毛をほどいて、付着した目には見えない汚れを落とせます。

そうすると、シャンプーやコンディショナーの浸透率が上がり、髪にまんべんなく栄養分が行き渡ります。

汗をたくさんかいた日や少し肌寒い日は、熱めのお湯でシャワーを浴びたくなりますが、髪の毛のためには、熱すぎない温度のお湯がオススメです。

38度前後のぬるま湯で優しく洗えるよう、入浴前に温度調節をしてくださいね。

ブラッシングと温度調節ができたら、すぐにシャンプー……ではなく、まずは“予洗い”をしましょう。

「髪の毛を濡らせばいいの?」と思いがちですが、ここで言う“予洗い”は、指の腹を使って地肌を丁寧に洗うことを指します。

こうすることで、頭皮や髪の毛に付着している汚れをほとんど落とすことができるそうですよ。

シャンプーの泡立たせ方って、意外と難しいですよね?ましてや、お子さんと一緒に入浴するママたちにとっては、しっかり泡立たせる時間もないもの。

しかしここがポイントで、シャンプーをしっかり泡立たせて柔らかい泡で髪の毛全体を包むように優しく洗うことが、美髪へのカギなんです。

ついゴシゴシと洗ってしまいがちですが、優しく洗うことで頭皮に負担がかからず、髪の毛も痛みにくくなります。

指の腹を使って、頭皮を優しく、マッサージするように洗いましょう。

また、シャンプーの後のコンディショナーやトリートメントは、面倒かもしれませんが、一度タオルドライをしてからするようにしましょう。

こうすることで、コンディショナーやトリートメントの効果が高まります。

特にダメージが気になる方は、蒸しタオルを使って髪の毛全体を包み、髪の奥深くまで浸透させる方法もオススメです。

最後にご紹介するのは、髪の毛の乾かし方です。

せっかく入念に洗髪をしても、ドライヤーの熱で髪を痛めてしまっては、元も子もありません。

ドライヤーをする前には、必ずしっかりとタオルドライをしてください。

その後、上から下にドライヤーの風を当てるように乾かします。最後は冷風を当て、髪の毛をクールダウンさせてあげましょう。

いかがでしたか?本格的な夏が来る前に、今からお手入れをして美髪を保ちましょう♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。