美味しい夏野菜《枝豆》について詳しくご紹介♡(食べ過ぎ注意!編)

グルメ・レシピ

前回、枝豆の素晴らしい栄養素についてご紹介させて頂きましたが、実は沢山含まれる栄養素とは裏腹に食べ過ぎに注意すべき食材でもあるんです!
さっそくご紹介いたします☆

秋間 恵璃
秋間 恵璃
2015.07.01

食べすぎると…痛風になる?プリン体が含まれています!

夏はビールが美味しい季節。最近ビールのCMなどで、”プリン体ゼロ!”というフレーズを耳にしますが、実は枝豆にもプリン体が含まれているんです!

ビールの飲み過ぎだけではなく、枝豆の食べ過ぎにも要注意ですね>_
プリン体は尿酸値を高め痛風の原因にもなると言われているので、枝豆を食べるときはこの事を頭の片隅に置いておきましょう☆

食べ過ぎるとお腹がゆるくなる!?食物繊維が含まれています!

夏野菜・枝豆には食物繊維がたくさん含まれています。これって、いいことですよね。食物繊維自体は体に良い成分で腸の調子を整えてくれますが、これを食べ過ぎるとどうなってしまうのでしょうか?

そう!お腹がゆるくなってしまいます>_
せっかくの良い成分も、これでは台無しですよね。やはり美味しいからと言って食べ過ぎてしまうのは逆に体に毒なのです。

実は気になる枝豆のカロリー!

低カロリーな食材として注目を集めている夏野菜・枝豆なのですが、それはあくまで全ての食材の中でです。実は他の野菜と比べると枝豆はカロリーが高いんです。

100gでおよそ140kcal。ですので、やっぱり食べ過ぎには要注意!

目安としては、一度の摂取量は20〜25房くらいまでにしておいたほうが良いんだそうですよ♪

枝豆の相棒・塩分の摂り過ぎにも注意!

これは枝豆に含まれる成分ではないのですが、枝豆を茹でる時にお塩を使いますよね?そのお塩、美味しいからと言ってたっぷり入れるのはやめましょう!

摂りすぎるとむくみの原因となる塩分は、適度な量を保ち、あくまで摂り過ぎないような注意が必要です。

お塩がきいた枝豆は美味しいですが、塩分少なめで茹でると枝豆本来の甘さが生きてきて楽しめるんですよ♡

いかがでしたでしょうか?美味しい夏野菜・枝豆も、いくら体に良いと言ってもやはり食べ過ぎには要注意です!
どんなものでもバランス良く、適量を食べることを心がけたいものです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。