「安心感」がキーワード!トイトレ中の"お出かけトイレ"のコツ

子育て・ライフスタイル

トイトレ中は、お出かけ先でのトイレに困ることが多いですよね?

まだ、トイレでの用足しになれていない子どもにとって、外出先でのトイレは不安があり、上手くできないもの。

「安心感」をキーワードに、お出かけ中のトイレのコツをご紹介します♡

前向きな声掛けで、お出かけ前のトイレを習慣に!

オムツ外れのためのトイトレ真っ最中!そんな親子にとって、お出かけ前のトイレは必要不可欠。

出発前にトイレを済ませておきたいところですが、これが子どもにとって無理強いに感じられてしまうと、「いやだ!」「行かない!」などと気分を損ねてしまうことになりかねません。

「お出かけ前のトイレは楽しい♪」
そんな風に子どもに思ってもらえるよう、工夫することがポイント!

例えば、声をかけるだけではなく、洋服の着脱を手伝ってあげたり歌を歌ったりと、いつものトイレよりも丁寧に誘導をしてあげるのはいかがでしょうか。

少し工夫をするだけでも、子どもにとってお出かけ前のトイレが楽しいものになりますよ♡

そしてもう一つ心掛けたいのが、その声掛けの方法です。

「トイレに行かないんだったら、お出かけしないよ!」という言い方ではなく、「トイレに行ったら、お出かけしようね♪」という前向きな言い方にすると、より楽しい気持ちを引き出すことができますよ。

失敗を恐れないで!神経質にならないことが外出を楽しむコツ♡

「外出先で、おもらしをさせてはいけない!」と意気込んで、子どもを定期的にトイレに誘ってみるものの、断られてばかり……。

そんな経験はありませんか?

失敗を気にして神経質になりがちですが、「失敗も経験の一つ」と考え、おおらかに構えていた方が案外うまくいくものです。

それでも心配になる場合には、外出する時だけ紙おむつを履かせるというのも、一つの手。

いつかは必ずできるようになることですから、臨機応変に、神経質になりすぎずに外出を楽しみましょう♡

覚えておきたい!トイトレ中の外出先でのコツ① 「大人用トイレの使い方」

ショッピングモールなどのように、子供用の便座のないトイレに不安を感じていませんか?

大人用の便座からお尻が落ちてしまうのでは?と心配するママが多いと思いますが、足を広めに開いて座れば、大丈夫です!

足を広めに開くことで安定感を得られますが、お家と違うことに不安を感じる子どももいます。

しっかりと付き添い、体を支えてあげると、子どもも安心することができますよ。

覚えておきたい!トイトレ中の外出先でのコツ② 「和式トイレの使い方」

それでも大人用の便座が不安!という子には、和式トイレがオススメです。

外出先での和式トイレ使用時には、ズボンやパンツなどを全て脱がせた方が、こちらもフォローしやすく、子どもも集中することができます。

抱きかかえて座らせるのではなく、子ども自身がまたぐ姿勢がオススメです。

もし、フラついてしまうようであれば、ママが後ろから両脇を支えるなどして、安心感を与えてあげると良いですよ。

覚えておきたい!トイトレ中の外出先でのコツ③ 「紙おむつの使い方」

お家ではトイトレが順調に進み、布パンツを履かせている状態なのに、外出先でのおもらしが不安で紙パンツを使いたい!

そんな時、子ども自身が紙おむつを嫌がるのでは?と不安に感じるママもいますよね。

これを逆手にとって、紙おむつを特別な存在に位置付けましょう!

「お出かけをするから、“お出かけパンツ”履こうか♪」などとネーミングして子供に伝えると、喜んで履いてくれるケースが多いですよ。

いかがでしたか?

ママも心配で慌ててしまうかもしれませんが、お出かけ先では、子供に安心感を与えてあげることが最大のコツ♡

とは言っても、失敗を恐れずに外出を楽しむ心を忘れず、子どもと一緒に乗り越えていきましょう!