「どうしても許せない人がいる!」苦しむあなたがラクになる考え方

子育て・ライフスタイル

あなたがどうしても許せない人は、どんな人でしょう。

上司?友人?それとも家族?他人だったら割り切れても、家族となるとそうもいきませんよね。

夫なら離婚できても、自分の親となると、縁を切りたくても切れないというご相談をよくいただきます。

今回は、どうしても許せない人がいて苦しんでいるあなたが少しでもラクになれるように、【許せない人に対する考え方】をお伝えします。

〈どうしても許せない人〉にずっと支配されてしまうの……?

どうしても許せない人……私にも一人いました。

その人と出会ってからの私は、自分がしたいことに制限をかけられ、口出しをされ、否定され続けてきました。

何かをするにしても、その人の目や顔色が気になり、どんどん内側に引きこもっていきました。

そして24時間ほとんど、その人のことで頭の中がいっぱいになっていることに気付きました。

どこに行っても、美味しいものを食べていても〈どうしても許せない人〉が私の頭の中にいるのです。

まるで、私を支配しているようでした。

〈どうしても許せない人〉の被害者でいる自分

「なぜ私の人生を、あの人に制限させられるの?」
「私の人生なのに、なぜあの人に指図されなくてはいけないの?」
「あの人のせいで私は幸せになれない。」
「あの人のせいで私はしたいことができない。」

私は、あの人の被害者なのです。自分が被害者で居続ける限り、あの人のことがどうしても許せません。

被害者でいる限り、私はずっとその状態のままだと気付きました。そう思うと、余計にザワザワしはじめます。

被害者だと思ってしまう自分を否定すると、被害者意識にさらに追い打ちをかけているようなもの。

そしてますます相手のことが許せなくなります。

一生束縛され〈被害者でいること〉を選ぶか?〈自由〉を選ぶか?

私はある時、どうしても許せない人のことを冷静に考えてみました。

"なぜ、あの人のことがどうしても許せないのか?"

「私を否定したから。」
「私の言うことなすことを否定したから。」

自分自身の価値や人間性など、私そのものを全否定されたと思っているからです。

では、あの人を許すにはどうしたらいいのでしょう。

あの人も私と同じような思いをすればいいですか?
あの人が痛い目にあえばいいですか?
相手が謝ってきたら許せますか?
相手があなたの言い分を全て聞いて、受け入れてくれたら許せますか?
相手があなたの価値を認め、あなたの全てが素晴らしいと認めたら許せますか?

もしそれで相手を許せるとしたら、あなたは一生この人から束縛され、被害者で居続けなくてはならなくなります。

なぜなら上記のようなことが、実際に起こる可能性がないからです。

それよりも少しでも可能性があるところを目指してみませんか?

全ては自分次第!選択肢を自ら選ぶ

あなたには、たくさんの選択肢があります。

・どうしても許せない相手に対して、ずっと恨み続ける
・いつか相手に仕返しをする
・相手と縁を切る
・忘れるようにする
・このまま味わう
・相手よりも上の立場になる
・相手よりも幸せになる

選択肢は、考えれば考えるほどたくさんあります。そしてあなた自身が選ぶことができます。

ただ、どの選択をしても、あなた自身が納得できるまでには時間がかかります。

私の場合は【相手に対して何もしない】ことを選びました。

「もともと何もなかった」
「もともとあの人とは無関係」


もしもどうしても許せない相手がご家族の場合は、縁を切ることはできないと思います。

そういう場合は、あなたの心の中で縁を切ればいいのです。

それをわざわざ相手に言う必要もありません。あなたが縁を切ると決めれば、それでいいのです。


どうしても許せない相手に意識がいきがちですが、世の中にはステキな人も大勢います。ステキな人とつながった方が、あなたにとってもいいですよ。

私もずっと許せない相手のことばかりに意識がいっていましたが、ステキな人たちとつながっていこうとを思った時から、ステキな出会いがたくさんあり、気付いたらどうしても許せない相手のことはどうでもよくなっていました。

すぐには心の整理はできないかもしれませんが、どうしても許せない相手に一生束縛され、被害者で生き続けるのか、ステキな仲間とつながって、人生をより良くしていくのかは、自分自身で決めることができます。

苦しい人生を選んでいるのは、実は自分なのです。

苦しんでいるあなたへ、人生は自分次第でどうにでもなるということを知ってくださいね。