あなたの習慣は大丈夫?女性ホルモンのバランスを整えるには

美容

女性ホルモンが女性にとってとても大切なことは、ご存知の方が多いかと思います。
ただし、この女性ホルモンはずっとあるわけではなくて、加齢とともに減少し、30代をピークにどんどん減っていきます。
また、大切な女性ホルモンを減少させてしまうNG行為によって、もともと少ない女性ホルモンをますます減らしてしまう場合があるので注意が必要です。
今日は、そのNG行為と防止してくれる食材について書きます☆

女性ホルモンのバランスを整える① 身体は冷えていませんか?

jijico.mbp-japan.com

「冷えは、万病の元」とも言われるくらい、やはり冷えは、女性は特に気をつけた方が良いです。
なぜならば、冷えにより、卵巣機能が低下したり、ホルモンバランスを乱すからです。

身体の部位では、『首』がつく部位は、冷やさないように気をつけましょう。
この部位が冷えると、身体全体の冷えに繋がってしまいます。

入浴時には、シャワーではなく、湯船につかり、温めてあげることも効果的です。
お腹周りが冷えると生理痛がきつくなりますので、ホッカイロなども上手に活用しましょう。

腰の中央の骨部分に貼ると、生理前や生理中のきつさが穏やかになるようです。
ぜひお試しくださいね。

女性ホルモンのバランスを整える② 過度な食事制限をしていませんか?

allabout.co.jp

現代の女性、とりわけ日本人女性はダイエットにとても関心が高いです。

やせているのに、常に体重を気にしてダイエットしていたり、色々なダイエット方法も溢れていて、それに飛びついては痩せたり太ったりを繰り返していたり……。

ダイエットが行き過ぎて身体のバランスを崩す方までいるため、注意が必要です。

痩せ型の女性の場合、女性ホルモンがもともと少ない傾向にあると言われており、ダイエットによって、余計に大切な女性ホルモンを減らしてしまう場合もあるようです。

女性ホルモンのバランスを整える③ 睡眠、運動、水分はきちんと取れていますか?

googirl.jp

健康を保つ上で、睡眠、運動を適切に取ることが大切だとよく言われますが、女性ホルモンのためにも、この二つが大切です。

夜間の授乳だったり、育児などで眠いと感じた時間に眠れない場合などが多い場合、やはり女性ホルモンのバランスが乱れがちですよね。
そんな寝不足では集中力も低下しますし、睡眠について見直す必要があるかもしれません。

また、寒い時期はなかなか運動もできないので、身体も運動不足になりやすいと思います。
ストレッチなどで身体をほぐすだけでも身体に良いので、気になった時に身体を伸ばしたり、血流を良くしていきましょう。

また、水分もとても大切なので、適切に摂って下さい。
ただ水分を摂り過ぎるのは冷えに繋がるので、がぶ飲みはしないようにして下さい。

女性ホルモンのバランスを整える④ サプリメントの取り過ぎはありませんか?

allabout.co.jp

女性ホルモンに似た働きをする成分を補うサプリメントを、過剰に摂取してしまうと、女性ホルモンのバランスが乱れてトラブルを起こす場合があるようです。

やはり、きちんとした食生活を心がけることが大切です。
そこで、女性ホルモンのバランスを整える食べ物を以下にご紹介致します。

① カボチャ
ビタミンEが豊富で、脳下垂体、卵巣の働きを助けます。ビタミンEが不足すると、老化や活性酸素が増えて肌トラブルが発生しやすくなってしまいます。

② 卵
良質なコレステロールを含み、女性ホルモンの材料にもなってくれます。卵は、ほぼ全ての栄養素を含む完全食とも言われます。

③ 大豆
イソフラボンがエストロゲンに似た働きをします。沢山摂りたいですね。

④ キャベツ
ボロンという成分がホルモンバランスを調整したり、解毒効果があると言われます。

⑤ ナッツ
ナッツはモデルさんなどがおやつにもされているのが、よく紹介されています。ナッツに含まれるオメガ3系の脂肪酸は、ストレス軽減にも効果があるようです。

上手に摂取して、ホルモンバランスを整えていきたいですね。

いかがでしたか?何かあてはまるようなものがあったら、美容や健康のために、日頃の生活で少し気をつけてみるのが良いかもしれません。
早い方では、20代から更年期が始まるとかで心配です。
いつも元気に輝いていくために、できるところから気をつけたいものです。