収納アドバイザーが推薦!狭い家でも兄弟ふたりが大満足の勉強机とは

子育て・ライフスタイル

我が家は、3DKのアパートに6人家族(夫婦+子ども4人)で住んでいます。子どもは、中学生と小学生2人と3歳です。

3DKの我が家には、子どもたちにそれぞれの机を置くスペースがありません。そこで、勉強机として取り入れたのがパソコンデスク。

兄弟それぞれの机を置くスペースがない、もしくは、リビングに机を置きたい方には、パソコンデスクを使った勉強机がオススメなんです。

【狭い家にオススメの勉強机】兄弟3人で仲良く学べる机

我が家では、キッチン横のリビングにあたる6畳の部屋に、この勉強机を置いています。

写真は、パソコンデスク(幅180㎝×奥行60㎝×高さ45㎝)に本棚(奥行23㎝)を2つ置いたもの。

一人当たりの幅は60㎝。これは、学校で使っている机と同じ幅です。

小学生3人であれば問題なく並んで書ける幅です。

足元部分には棚が付いていて、テストなどの保管物やストック品などを各自が入れています。

【狭い家にオススメの勉強机】共有する文房具はまとめて箱へ

我が家では、鉛筆や消しゴムやペンなど、家の机で使う文房具は兄弟で共有しており、机前の棚に箱を使って収納しています。

使用頻度が高いものには、箱にふたをつけず、すぐに使えてすぐに戻せる仕組みをとっています。

【狭い家にオススメの勉強机】お気に入りのモノはMY引き出しで管理

机の中心には、兄弟それぞれの引き出しを設けています。

そこには、兄弟で共有しない各自のお気に入りの文具類を、各自が好きなように管理しています。

ちなみにこの写真は、小学5年生の長女の引き出しです。

お菓子の空き箱などで仕切りを作ったり、取り出しやすいように傾斜をつけたりと、自分で工夫をしています。

【狭い家にオススメの勉強机】教科書ノート類はファイルボックスで仕分け

教科書やノート、問題集などは、それぞれファイルボックスに入れています。

普段はこの写真の向きで置き、取り出しやすく戻しやすい方法をとっています。

【狭い家にオススメの勉強机】来客時は見た目を意識する

我が家の勉強机はリビングに置いてあるので、見た目が気になります。

来客時などは、少しでもスッキリさせるため、普段は使いやすさを重視しているファイルボックス類の向きを反対にして、中身が見えないようにしています。

我が家の子供たちの勉強机は、いかがでしたでしょうか?

一人当たりで考えるとかなりコンパクトではありますが、その分、ムダが無いため散らかりにくく、勉強にも集中しやすいというメリットがあります。

我が家のように兄弟それぞれの机を置くスペースがない、もしくはリビングに机を置きたいという方にとって、少しでも参考になれば嬉しいです。