次世代シャンプーに大注目!「ネオボタニカル」なヘアケアとは?

美容

最近流行中の「ボタニカルヘアケア」。自然派で、ナチュラル思考のシャンプーなども増えてきています。

髪は、人の印象を大きく左右するからこそ、しっかりケアをしていきたいところ。

次に来る!と言われている「ネオボタニカル」なヘアケアとは一体どんなものなのでしょうか?

「ボタニカルケア」って?

最近では、スキンケアだけでなく、ファッションや生活など様々なところで注目されている「ボタニカル」。

ボタニカルとは植物のことで、自然派なものを生活に積極的に取り入れていく、という意味合いで使われています。

ファッションでもボタニカル柄などが増え、トレンドとしても注目されています。

「ボタニカルケア」とは、植物成分由来で行うスキンケアのこと。天然素材で作られ、植物の力をしっかりと取り入れた商品などが話題となっています。

特にシャンプーは、毛穴からダイレクトに成分が肌に入っていきやすいと言われています。

シリコンや界面活性剤など、体内にはあまり入れたくない成分も多く使用されているため、間違えると猛毒だと言われることも……。

そのため、特にヘアケアでこうしたボタニカル素材が注目されています。

肌や髪に直接使うものだからこそ、植物由来のものや、添加物の少ないものを選びたいのは当然のことですよね。

次に来るのは「ネオボタニカル」!

「ボタニカルケア」は大ブームとなり、スキンケア方法としても定着しつつあります。そんな中、“次にくる!”とじわじわ人気が出ているのが、「ネオボタニカル」のヘアケアなのです。

従来のボタニカルケアで使われていたのは、植物成分由来のシャンプー。

では「ネオボタニカル」とは何が違うのかというと、シャンプーに使用される「水」にまでこだわっているという点!

実はシャンプーは、70〜90%が水で作られているそうです。

つまり、水以外の残りの成分を植物由来にするか否かで、シャンプーの効能などについては語られているのです。

しかし、成分のほとんどが水で作られていると言うことは、もちろんその水にだってこだわりたいところ。

最近では、サロンなどでも、炭酸泉の水を使用して毛穴の汚れをしっかりと洗い流してくれるシャンプーなどが人気です。

植物由来成分だけでなく、水にもこだわるケアが「ネオボタニカル」のポイントなのです。

ネオボタニカル度を上げるなら「マイナスイオン水」に注目!

成分だけでなく、水にもこだわる「ネオボタニカル」なヘアケア。「こだわりの水とは、どんなものを使うの……?」と思う方も多いでしょう。

注目したいのは、マイナスイオン水を使用したシャンプー。

マイナスイオンといえば、植物から発生して空気を清浄したり、リラックス効果を高めてくれることでも有名です。

マイナスイオン水は、油分を乳化させ、毛穴のつまりをしっかりと解消させる働きがあります。

ネオボタニカルシャンプーとして注目されている、megami no wakka(女神のわっか)では、このマイナスイオンを含んだ水をシャンプーに使用することで、毛穴の汚れを浮かして落としやすくしているそうです。

ボタニカルシャンプーは、植物由来の成分で優しい使い心地だからこそ、汚れを落とす力が弱いと言われていましたが、「megami no wakka」ではこれをマイナスイオンの力でカバーしたことで、さらにパワーアップしたネオボタニカルケアとなっているそうです。

megami no wakka シャンプー 500ml

¥1,944

販売サイトをチェック

マイナスイオンで植物コーティング♡

美しい髪の毛に絶対に必要なのが、うるおいです。このうるおいの元となるのが、水分やミネラルなどの栄養分です。

髪の毛には栄養が浸透しづらいため、普通のシャンプーなどでは、シリコンなどで髪をコーティングすることで指通りを滑らかにしたり、艶が出るように見せています。

ここでも活躍してくれるのがマイナスイオン!

マイナスイオンの持つ電荷移動という原理で、すばやく髪に栄養を送り、浸透させることができるのです。

ネオボタニカルシャンプーの「megami no wakka」は、マイナスイオン水に加えて植物ミネラルや、ココナッツオイル・アルガンオイル・マカダミアナッツなどの高級オイルが配合されています。

しっかりと髪の汚れを落とし、栄養を浸透させ、さらに植物性成分で髪をコーティングするというケアができるのです。

たっぷりのうるおいとツヤツヤのわっかを目指す女性達が、100%天然成分で体に優しいネオボタニカルシャンプーに注目する理由が分かりますね♡

女性の年齢が分かりやすいのは実は髪の毛!

アンチエイジングと聞くとスキンケアに偏りがちですが、実は、人の印象は髪の毛によっても大きく変わります。

髪の毛には年齢が出やすく、単に量が減ったり白髪が生えてくるだけでなく、ハリやツヤも失われていきます。

女性は、30代を境として女性ホルモンが少なくなっていくとともに、男性ホルモンが増えます。

男性ホルモンには、頭皮の皮脂を増やしたり、髪の毛の発育を妨げるという働きがあります。

特に女性は頭頂部に影響が出やすいため、加齢とともに髪のボリュームが少なくなり、老け込んだ印象となってしまう方が多いのです。

また、髪の毛には自己修復の能力がないため、これをケアするには毎日のシャンプーと定期的なトリートメントがとても重要になります。

毎日使うものだからこそ、成分にはこだわりたいところ!新しい「ネオボタニカルヘアケア」に大注目です。

いかがでしたか?年齢が出る髪の毛のケアには、さらに力を入れていきたいのが4yuuu!世代です。

次に来ると言われている「ネオボタニカル」のヘアケアに大注目!水にも成分にもこだわって、年齢を重ねても美しい髪を保ちましょう♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。