お気に入りと長く付き合うコツ《白い靴》の正しいお手入れ方法とは

ファッション

2016年の春夏は、ホワイトカラーのパンプスやサンダル、スニーカーがトレンドアイテムとして話題になっています♪

コーディネートに取り入れるだけで、即オシャレ顔になるのですが、問題は汚れやすいこと!

今回は、そんな《白い靴》の正しいお手入れ方法をご紹介します。

《白い靴》の上手なお手入れ方法① 防水スプレーで汚れを防ぐ!

新しい靴を購入する時は、コーディネートを頭の中で想像して、楽しい気持ちになりますよね♡

「綺麗で真っ白な靴の状態を、できるだけ長く保ちたい!」と誰もが思うはずです。

白い靴の上手なお手入れ方法としてまずご紹介したいのは、予め防水スプレーで汚れを防止することです。

防水スプレーは、使用できる素材と使用できない素材があるので注意が必要です。

本革や合皮、キャンバス地の靴の場合には、こまめに防水スプレーをかけて、汚れを防止することを心掛けましょう!

《白い靴》の上手なお手入れ方法② 着用後のブラッシングでその差は歴然!

「防水スプレーで汚れを防いだら、もう安心♪」と思いたいところですが、白い靴は、思っている以上にデリケートです。

念には念を入れて、着用後にブラッシングすることを徹底しましょう。これだけで、美しいカラーのキープ力の差は歴然!

この際に注意したいのが、他の靴の色移りです。

白い靴には、専用のブラシを用意しましょう。黒や茶など、他の色の靴と同じブラシを使用してしまうと、色移りをしてしまう可能性が考えられます。

《白い靴》の上手なお手入れ方法③ 本革・合皮は汚れ落としスプレーの活用を!

白い靴も、素材によってそのケア方法は様々。本革や合皮の素材に関しては、付着してしまった汚れの落とし方に、一工夫が必要となります。

本革や合皮素材の白い靴に汚れがついてしまった場合には、汚れ落とし用のスプレーを吹き付けてから、浮き上がってきた汚れを、布で拭きとるようにしましょう。

いきなり汚れを布でゴシゴシとこすってしまうのではなく、汚れ落とし用のスプレーを活用することがポイントです!

《白い靴》の上手なお手入れ方法④ キャンバス地には、消しゴムクリーナーが◎

先ほどは、本革と合皮の素材の場合の汚れの落とし方をご紹介しました。

キャンバス地の白い靴に汚れが付着してしまった場合には、消しゴムタイプのクリーナーが効果的です!

ゴシゴシと擦り、汚れを薄く馴染ませつつ落としていくのが、効果的です。

防水スプレーや汚れ落とし用のスプレーがNGな素材とは?

白い靴のお手入れに関しては、とにかく素材に合わせて適切な処置をとることが重要。

せっかくの優秀なお手入れアイテムでも、適していない素材に使用してしまうと、逆効果を招いてしまうこともあるので、注意が必要です。

今回ご紹介した「防水スプレー」や「汚れ落とし用のスプレー」にも、使用不可な素材があるのでご紹介しておきます。

まず、エナメルには防水スプレーを使用することができません。そして、スウェード素材には、汚れ落とし用のスプレーを使用することができません。

以上の点に注意して、正しいお手入れをしてくださいね。

いかがでしたか?素材に合ったお手入れ法を習得し、その靴と長く付き合っていくことも、足元のオシャレを楽しむ大切なポイントです。

白い靴を購入する際には、お店で必ずお手入れ方法を確認しましょう♪