ホルモンバランスを整えて10年後も綺麗に♪やるべき&ダメなこと

美容

私たちの身体は、女性ホルモンによって支配されています。
そして女性ホルモンは美とも密接な関係にあります。
10年後も美しくあるために、生活の中でやってはいけないこと・やった方がいいことがあるので、ご紹介していきます。

tomi
tomi
2015.10.05

ホルモンバランスを整える方法① 過度なダイエットはNG

極端な食事制限などに代表される過度なダイエットは、女性ホルモンのバランスを乱す大きな原因になります。

必要な栄養がとれないことや、精神的なストレスは自律神経を乱しますし、生理不順を引き起こし、ひどい場合将来の妊娠にも影響を及ぼすことになります。

またダイエットで足りなくなる栄養素に、タンパク質と脂質があげられますが、どちらもホルモンをつくるために欠かすことができない栄養です。美しくいるためにも、気を付けた方がいいですね。

ホルモンバランスを整える方法② 夜型の生活もNG

多くのホルモンは、寝ている間につくられると言われています。

睡眠時間が削られる夜型の生活は、女性ホルモンのバランスを整えるために好ましくありません。また夜型の生活が続くと交感神経・副交感神経のバランスが狂うことにもつながります。

頭痛や肩こり、全身の倦怠感を誘発する恐れがあるので、朝起きたら太陽の光を浴びて、夜は早めに寝るような美の生活リズムをつくりましょう。良質な睡眠のために、寝る30分前のスマホは避けた方が無難です。

ホルモンバランスを整える方法③ 女性ホルモンに良い食材をとる

納豆や豆腐などに代表される、大豆製品に含まれる大豆イソフラボンには、女性ホルモンと同様の働きがあるといわれ、ホルモンバランスを整えるのに有効です。

アボカドやナッツ、カボチャなどに含まれるビタミンEには、脳下垂体や卵巣に作用し、ホルモン分泌をコントロールする働きがあると言われています。

野菜と果物を中心としたバランスのよい食事をとりながら、上記の食材も意識してとるようにするのが、ホルモンバランスを整えるのにはベストです!

ホルモンバランスを整える方法④ リラックスタイムをつくる

出典:gabrielefitness.com

女性ホルモンのバランスを乱す要因の1つでもある、ストレス。
ストレス社会ともいわれる現代で、全くストレスとは無縁の生活をおくるのは難しいかもしれません。

だからこそ大切になってくるのが、意識してつくるリラックスタイム。
入浴や簡単なストレッチ、運動、アロマでマッサージ、あたたかいお茶を飲むなど、1日1回は何も考えずに脱力する時間をつくるのが、女性ホルモンのバランスを保つ秘訣です。

美人になるための習慣として、取り入れてくださいね!

女性ホルモンのバランスを整えるために、やってはいけないこと・やるべきことをご紹介しましたが、いかがでしたか?
やってはいけないことには気をつけて、やるべきことは是非実践してみて下さいね!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。