知ってる?夏フルーツの桃・マンゴー・パイナップルの美味しい切り方

グルメ・レシピ

桃、マンゴー、パイナップルなどの美味しそうなフルーツが並ぶ夏。購入したはいいけれど、切り方に悩むことってありませんか?
中心に大きな種がある桃やマンゴー、解体が難しそうなパイナップルの美味しい切り方をご紹介します。

丸ごとのフルーツ、きちんと切れる?

夏はフルーツがとても美味しい季節。スーパーに行くと色とりどりのフルーツが出迎えてくれます。スイカ、ブドウ、イチジク、桃、マンゴー、パイナップル・・・とラインナップも様々。
選ぶのが楽しくなりますよね。でも意外と知らないのが、桃やマンゴー、パイナップルなどのフルーツの切り方。

「この切り方で合ってる?もっとキレイにフルーツをカットしたいのに上手くいかない!」
そんな悩みを解決するとっておきの切り方をご紹介します。

夏のフルーツが美味しい① 基本は櫛形!桃の切り方

夏の代表的なフルーツである桃。香り豊かで甘く美味しいのですが、中心部分に種があり、上手にカットできないと嘆く方が多いフルーツでもあります。

切り方としては、アボカドのように半分にカットし2つに分ける切り方(種は包丁の柄を使うと簡単に取れます)とリンゴのようにくるくると全体の皮をむく切り方があります。完熟の桃であれば水に濡らした後、手で皮をむくという切り方もあります。
その後は櫛形に切るのがベスト!桃は枝についていた部分の逆側の糖度が高く美味しいので、味に偏りをなくすためには櫛形よいでしょう。

夏のフルーツが美味しい② 家でもできる!お花型マンゴーの切り方

マンゴーは大きな種が中央に鎮座しているので、どうやったら上手に切ることができるのか悩まれる方が多いフルーツです。でもコツさえつかめば、簡単に画像のようなお花型に切ることができますよ。
まず切り方ですが、マンゴーはアボカドのようには切らず、果肉・種・果肉という配置になるように3等分に包丁を入れていくのがコツです。種はほぼ中央に入っています。切り取ったフルーツの果肉部分を、皮つきのまま賽の目状に包丁を入れていきます。この時皮まで切り取らないように注意しましょう。裏側から皮目部分を大きく反り返らせたら完成です。

夏のフルーツが美味しい③ 意外と簡単?パイナップルの切り方

出典:item.rakuten.co.jp

解体の手間を考えてついついカットされたものに手を伸ばしがちなパイナップルですが、実は意外と切り方は簡単です。
まず葉っぱですが、グルグルと回すようにひねります。そのままだと手が痛いので、タオルなどで葉をくるむと良いでしょう。その後は縦に半分に切り、さらにまた半分に切り4等分にします(大きければさらにまたカットし8等分にする)。

中心にある芯を切り落とした後、パイナップルの外側の皮を切り落とす。皮目に沿って切ると盛り付けがキレイですよ。最後は残ったフルーツの果肉部分を食べやすい大きさにカットして完成です。

夏のフルーツの美味しい切り方をご紹介しましたが、いかがでしたか?
こればかりは「習うより慣れよ」で練習あるのみ!ぜひTRYしてみてくださいね。上手にカットできれば、それだけでおもてなしにもなりますよ。