ハーフバースデーを離乳食でお祝い!簡単バースデープレートの作り方

グルメ・レシピ

近年、一般的には生後5ヶ月を過ぎた辺りから、離乳食を始めるよう勧められています。離乳食開始から1ヶ月程度の赤ちゃんが迎えるのが、生後6ヶ月のハーフバースデー!

「せっかくなのでお祝いしてあげたい」と思うのも親心ですが、まだわずかな野菜とご飯しか口にできない生後6ヶ月頃には、どんな誕生日祝いをしてあげたらいいのか、悩んでしまいますよね。

今回は、生後6ヶ月の時期でも食べられる、ハーフバースデーのお祝いプレートの作り方をご紹介します。

榮樹実
榮樹実
2016.05.26

材料はおかゆ+彩り野菜で♪

離乳食を開始してすぐの頃には、まだタンパク質である魚やお豆腐を食べることができません。

ハーフバースデーのお祝いプレートを作るなら、この時期の主食となる十倍粥と野菜を使いましょう!

野菜は、緑とオレンジ、黄色など彩りが綺麗なものを2〜3種類用意すると、見栄えが良くなります。

今回は、キャベツ・ニンジンをメインに使います。このほか、ブロッコリーや小松菜、カボチャ、サツマイモなどもオススメの野菜です。

【用意するもの】
・食材(おかゆ・野菜2種)
・大きめの耐熱皿(底が広く大きいどんぶり型がオススメです)
・シリコンカップ

※飾り付けに使えるピックなどがあれば、使用すると、なお可愛く仕上がります♪

野菜を加熱する際のポイント

離乳食初期では、基本的に「加熱→すりつぶす」という行程で野菜の調理を行います。

電子レンジでの加熱や、お湯で茹でるという方法を上手に使いましょう。

野菜を茹でる際には、ある程度大きさがある状態の方がしっかり火が通り、柔らかくなりやすいですよ。

ニンジンは、いちょう切りの状態で茹で、お湯から上げてから細かく刻んだり、すりつぶして小さくすると良いでしょう。

キャベツは、耐熱皿に入れてレンジでチンするだけでもOKです。

同様に、カボチャやサツマイモなども電子レンジ調理が可能なので、1つの食材を茹でている間にレンジ調理を行ったり、または同時に2品をレンジに入れるなど、上手に時短調理をしていきましょう♪

簡単!離乳食ケーキの作り方

離乳食ケーキ作りは、実はとっても簡単!

シリコンカップを用意して、野菜とお粥を重ねて入れていきます。

シリコンカップは普通の丸型でもOKですが、最近では星形やハート形など様々な形の物が100均でも売られているので、こうした物を使うと、さらに可愛く仕上がります♪

①すりつぶしたニンジンを、シリコンカップの底に平らに敷く。

②刻んですりつぶしたキャベツを、ニンジンの上に敷く。

③最後にお粥を上にのせ、このまま冷凍庫でフリージング!

離乳食ケーキは冷凍すると、シリコンカップからつるんとそのまま綺麗に外れます!

できあがったケーキは、冷凍の状態でお皿にのせ、だし汁もしくはお湯などをかけます。

余裕があれば、周りにも彩り豊かな野菜ペーストやすりおろしをのせると、さらに綺麗に仕上がりますよ。

今回は、上からだし汁をかけ、トマトのすりおろしをまわりにのせています。

この離乳食ケーキは、一度に炭水化物とビタミンミネラルを摂れる簡単フリージング法です。

お祝いのときだけではなく、普段のお食事としても、ぜひ試してみてくださいね。

野菜の彩りが綺麗に見えるように、底が深すぎない器を選ぶと◎

冷凍状態のままで、一度プレートを作って写真などに残してもOKですが、赤ちゃんの前にご飯を出したら、赤ちゃん本人もすぐに食べたくなるものです。

一般的なシリコンカップの大きさであれば、600Wで1分の加熱であれば形は崩れません。(柔らか過ぎる十倍粥の場合は崩れてしまうことがあります。)

可能であれば少し固めのお粥を作り、後からかけるお湯やだし汁の量で、赤ちゃんが食べやすいよう調整しましょう。

ケーキにピックを刺したり、まわりに「HAPPY BIRTHDAY」の文字を入れてあげたりすれば、さらに可愛いプレートの完成です!

冷凍せずクッキーの型抜きを利用したプレートも簡単♪

フリージングで作る離乳食ケーキ以外に、クッキーの型抜きを利用して作るのも◎

クッキー1枚のサイズは、食べる量が少ない離乳食初期にちょうどよく、可愛い形の型も多く売られています。

この場合、カボチャやサツマイモなどのイモ類を使用するのがオススメ!

すりつぶした状態でも形が作りやすく、しっかりと固まった状態で形をキープできますよ。

実際に食べる時に固いと感じるようであれば、少しずつお湯をかけてから食べさせてあげてくださいね。

数字や文字などは、ツマヨウジの先を使って意外と簡単に作れるので、ぜひ挑戦してみてください♪

いかがでしたか?ハードルが高いと思いがちな、離乳食でのハーフバースデープレート。

実は簡単に作ることができるので、一生に一度のこの機会、ぜひ離乳食ケーキでお祝いしてみてくださいね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。