歯医者さんが教える!虫歯にならずにスイーツを楽しむ方法とは?

美容

私は、スイーツが大好きな歯医者さんです。和菓子、洋菓子、駄菓子、デパ地下スイーツ、コンビニスイーツなどを幅広く楽しんでいます。
そんな私が、虫歯予防をしながらスイーツを楽しむ方法と虫歯になりにくいスイーツをご紹介します。

虫歯を予防しながらスイーツを楽しむ方法①虫歯とスイーツの関係

いくつになっても、スイーツとおしゃべりがあれば嫌な事も忘れられますし、笑顔になれてしまう女性が多いのではないでしょうか。

しかし、小さい頃から「甘いもの=虫歯のもと」と教えられてきた方も多いので、なんとなく食べることに罪悪感を感じてしまう…ということはありませんか?

実は、単純に全てのスイーツが虫歯を作るわけではありません。虫歯を作るのは「砂糖」と「虫歯菌」と「時間」がポイント!

絶対虫歯にならないスイーツも、虫歯になりにくいスイーツもあるんです。スイーツと上手に付き合って、虫歯ゼロの綺麗な歯を保ちましょう!

虫歯を予防しながらスイーツを楽しむ方法②食べるタイミングを考える

虫歯は、甘いもの食べた瞬間にすぐにできるわけではないので、食べた後にしっかり歯磨きをすれば、もちろんリスクは減ります。

そして、ポイントになるのは食べるタイミング。
口の中が酸性に傾いて歯が溶け出すことが、虫歯の始まりです。食事をすると口の中は酸性になって、少し時間が経つと唾液の作用で口の中は酸性から元の状態に戻ります。元に戻る前にまた何か食べてしまうと、口の中は酸性のままになってしまいます。

口の中が酸性に傾く時間が長ければ長いほど、歯が溶け出す=虫歯になるリスクが高まるのです。

1日に同じ量のスイーツを食べるとしたら、ちょこちょこつまんだり、ダラダラ食べるより、食事の後のデザートとして食事に組み込んで食べると、虫歯になるリスクが減りますよ。

虫歯を予防しながらスイーツを楽しむ方法③スイーツの種類を考える

同じ甘さのスイーツでも、柔らかいものの方が虫歯リスクは高まります。

食べる時にフォークにベッタリつくような物は、虫歯になるリスクが高いです。自分の歯もそのフォークと同じだと考えてみてください。フォークを洗うのが大変なものほど、歯磨きをしっかりしないと汚れが落ちないということです。

また、口の中に留まる時間が長いものは、それだけ酸性に傾く時間が長くなるので、虫歯になるリスクが高いです。胃に入ってしまえばカロリーは同じでも、口の中に留まる時間や残りやすさが違えば、虫歯のリスクも違ってきます。

虫歯を予防しながらスイーツを楽しむ方法④歯磨きの後に食べるチョコがある!

引用:item.rakuten.co.jp

歯磨きをした後に、虫歯予防のために食べるチョコレートがあるのをご存知ですか?
「歯医者さんが作ったチョコレート」は、チョコレートで楽しく虫歯を予防したいという歯科医師の発案で生まれました。

チョコに含まれるカカオは、リラックス効果やダイエット効果など、良いことだらけなんです。チョコレートが虫歯を作る原因と言われるのは、砂糖が入っているから。砂糖が入っていなければ、チョコレートだって虫歯にはならないのです!

砂糖をまったく使わずに、甘みとして虫歯予防効果のあるキシリトールを100%使用することで、虫歯予防のチョコレートができ上がりました。こんなチョコレートがあれば、怖いもの無しですね。

【送料無料】歯医者さんが作ったチョコレート 袋タイプ 60g 6個セット

¥4,310

販売サイトをチェック

いかがでしたか?虫歯を予防しながらスイーツを楽しむ方法をご紹介しました。
正しい知識を元に食べ方を工夫して、虫歯リスクを軽減しながら美味しいスイーツ楽しみましょう!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。