美しく引き締める!自宅で簡単サーキットトレーニング【part2】

美容

part1に引き続き、サーキットトレーニングのエクササイズ方法をご紹介します。

サーキットトレーニングでは、複数のエクササイズを連続して行うことから少々ハードなイメージありますが、効果は抜群ですよ。

【自宅で簡単!サーキットトレーニング】お尻シェイプに最適「ランジ」

「ランジ」と聞いてもピンと来ない方も多いのでは?

実は、女性にこそおすすめの下半身エクササイズの方法です。

メインは脚ですが、お尻のシェイプアップにも効果的です。動きが少し難しいので、最初は無理のない強度で試してみてください。

1. 気を付けの姿勢から、一歩前に踏み込みます。

2. 踏み込んだ脚を蹴って、元の位置に戻します。

3. 踏み込んだ際に、全部の体の関節が90度になるようにします。

踏み込んだ際に膝が前に出るので、気を付けましょう。前の脚を曲げる意識を持つと膝が出てしまうので、残った脚を曲げる意識を持って行うと良いですよ。

※難しい場合は、その場で上げ下げするだけでもOK。

右脚で20秒→左脚で20秒というように行ってみてください。

【自宅で簡単!サーキットトレーニング】さらにお尻を引き締める「ヒップリフト」

写真をご覧いただくと分かるとおり、こちらもお尻のエクササイズ。動きはとてもシンプルなヒップリフトです。

1. 仰向けになり、寝転がります。

2. 膝を曲げて、踵をお尻から足の長さ2.5倍ほど離しておきます。

3. お尻から足が離れれば離れるほど、もも裏やお尻に力が入り、効果が期待できます。

体が一直線になるところまで、上げてみましょう!

【自宅で簡単!サーキットトレーニング】お腹まわりにきく「腰トレ」

ウエストシェイプに重要なのが、なんといっても腰です。

特に、一般的に「背筋」といわれる腰まわりに筋肉がつくことにより、姿勢が良くなり、代謝アップはもちろん、今まで眠っていた筋肉が働き出します。

さらに二次的、三次的に体全体の代謝が上がっていきます。

1. うつ伏せになり、バンザイの姿勢で寝ころびます。

2. 両手、両足をアップします。

3. きつく感じる方は、両手だけアップ、両足だけアップと分けてもOK。

※膝や肘は、必ず伸びた状態で行いましょう。腰に心配がある方は、小さく行ったり、ゆっくり動いてください。

【自宅で簡単!サーキットトレーニング】基本の腹筋でお腹を引っ込める!

やはり女性が気になる部分といえば、お腹。腹筋を使わないことには、綺麗なお腹にはなりません。

一つ前の腰のトレーニングをしっかり行うと、お腹にストレッチがかかって、よりウエストを上手に使えますよ。

1. 仰向けになり、膝を90度にして持ち上げます。

2. 胸の前で腕を組み、肘と肘を触ります。

3. 腕の面を膝に触れるように、体を起こします。

※首だけで動いてしまうと、首が疲れたり、痛みが出ますので、頑張りすぎて首だけで動かないように気をつけましょう。

サーキットトレーニングのエクササイズ方法、第二弾をお送りしました。

ベーシックな種目は方法も簡単ですが、意外と上手にできている方が少ないのです。

写真を参考にしながら、ぜひ改めてチャレンジしてみてください♪