敬老の日のプレゼントにも♡話題の代行サービスのあれこれ4つ

子育て・ライフスタイル

あと少しで「敬老の日」。
普段の感謝を込めて、喜んでもらえる贈り物を探したいところですが、毎年のことだとどうしても内容が同じになりがちですよね。
そんな今年の敬老の日は、最近話題になっている《代行サービス》をプレゼントするのがオススメです♡

敬老の日のプレゼントにも!代行サービス① 身の回りに関する代行サービス

今年の《敬老の日》は、9月21日月曜日です。
普段の感謝を込めてどんな贈り物をプレゼントするか、もう決まりましたか?

お酒を贈ったりお花を贈ったりと、毎年変化をつけているつもりでも、どうしても同じようなものをプレゼントしてしまいがち。
そのため今年は、趣向を変えて《代行サービス》をプレゼントしてみるのはいかがでしょうか♡

年配の方には、物をもらうよりも、身の回りのお世話をしてもらう方が嬉しいと感じる方が多いそう。そこで、敬老の日にオススメなのが、エアコンのお掃除や片付けといった代行サービス。

こうした身の回りのお世話の項目を「親孝行プラン」と名付けて販売している代行サービス会社もあるんですよ。

カジタク 公式サイト

敬老の日のプレゼントにも!代行サービス② 読書の代行サービスが人気!

代行サービスに人気が集まっているのは、敬老の日などのプレゼントとしての用途だけではありません。

秋の夜長に楽しみたい「読書」を、代行サービスに依頼する人も増えているそう。

「読書は、自分で楽しむもの」
そう思う人が多いと思いますが、読書を代行サービスへ依頼する理由もさまざまなんです。

例えば、会社の社長がビジネス本の意図を掻い摘んで社員への訓示に使う。
チームのキャプテンが自己啓発本の主旨を掻い摘んで、チームワークの大切を伝える。

読書にも、代行サービスが存在することに驚きますが、確かにこうした用途での「代行」の使い方は有意義ですよね。

忙しくて本を読む時間がない。
そんな人に人気の代行サービスですね。

敬老の日のプレゼントにも!代行サービス③ 御神輿の代行サービスが人気!

夏から秋にかけて行われる機会の多いお祭り。
実はこのお祭りに関しても代行サービスの人気が高まっています。

お祭りとは、歴史を重んじたり、発展を祈って行われる、それぞれの地域にとって大切な行事です。
しかし、近年地元を離れてしまう若者が多いため、長年続けている大切なお祭りのメインイベントである「御神輿」の担ぎ手が足りない、そんなケースが良くあるんだそう。

そんな時に助っ人としての代行サービスが重宝されているそう。

地域のお祭りにおいて、絶対的な存在である御神輿の担ぎ手がいないのは問題ですよね。
常識や枠組みに囚われず、あらゆる困りごとを解決しようとしてくれるのも、代行サービスの魅力のひとつかもしれません。

敬老の日のプレゼントにも!代行サービス④ 多種多様な変わりダネ!

代行サービスと聞くと、お掃除などの家事全般のお手伝いをイメージしますが、実は現代の代行サービスの内容は多種多様です。

いわゆる「変わりダネ」とされるような内容の代行サービスもあり、中でも驚くのが「お通夜代行」や「苦情代行」!

「お通夜代行」は、忙しい中で急な訃報が入り、どうしても葬儀に出向くことが出来ない場合に代わりに葬儀に出席するという内容。
また「苦情代行」は、社員に変わって頭を下げて、顧客などに対してのクレーム対応をこなすという内容。

忙しくて自分で出向いたり対応したりすることはできないけれど、気持ちを伝えたい。
そんな時には代行サービスを上手に使う事も、これからの世の中には重要なことなのかもしれません。

知れば知るほど奥が深い、代行サービス。
来たる9月21日の敬老の日でのプレゼントだけでなく、こなしたいけれど手が回らないと感じていることを、思い切って代行するということが徐々に定着しつつあります。
なんでもかんでも代行に頼るようになるのは少し寂しい気がしますが、賢く使うという事は時代に合っているのかもしれません。