大人顔負け!子どもの勝負服はハイブランドのキッズアイテムを♡

ファッション

汚してしまったり、すぐにサイズアウトしてしまうなどの理由から、子ども服はプチプラなものを選びがち。
ですが、やっぱり子ども服でも、ハイブランドのキッズアイテムは可愛らしさが一味違う!
ここぞという大切なシーンでは、子どもだってハイブランドで決めるのが正解!

キッズアイテムはハイブランドで① トラディショナルな正統派!BURBERRY

英国の老舗ファッションブランド「BURBERRY(バーバリー)」から2000年にスタートした、ベビー・キッズ向けライン「BURBERRY CHILDREN(バーバリー チルドレン)」。
大人向けライン同様、トラディショナルで上品なアイテムが豊富。あらたまったシーンであれば、子どもとは言え、このようなファッションで臨みたいところです。

小さな男の子だって、BURBERRYのポロシャツを着れば、まるで英国紳士のような佇まい。BURBERRYのチェック柄のワンピースは女の子をより可愛らしく、利発そうに見せてくれるとっておきのアイテム♡

誰でもよく知っていて、くせの強くない、昔から愛されてきたBURBERRYのアイテムは、親戚やご友人へのプレゼントにも最適です。なかなか自分で揃えるには高価なアイテムが多いので、プレゼントに頂けたら、とっても喜んでもらえそうですね。

♦︎BURBERRY(バーバリー)
https://jp.burberry.com

キッズアイテムはハイブランドで② おとぎ話のような世界観!Dior

フランスのラグジュアリーなクチュールブランド「Dior(ディオール)」。そのベビーレーベルとして誕生したのが、「baby Dior(ベビーディオール)」。
Diorらしい、エレガントで可愛らしいデザインは瞬く間に人気となり、大人向けのラインに負けず劣らず、世界中で大注目されています。

特に、赤ちゃんの愛らしさを最大限に引き出すことのできる、繊細なデザインが魅力のベビー向けアイテムは、出産祝いでよく購入されています。
まるでプリンセスのようなDiorのドレスは、発表会やパーティーで着れば、絶対に主役になれる存在感!
男の子向けのアイテムは他のハイブランドよりも、優しく、柔らかい印象のものが多く、まるで小さな王子様といった佇まいに、ママはメロメロになってしまいそう♡

♦︎Dior(ディーオール)
http://www.dior.com

キッズアイテムはハイブランドで③ ファミリー全員でお揃い!RALPH LAUREN

アメリカのファッションブランド「RALPH LAUREN(ラルフローレン)」。
アメトラ(アメリカン・トラディショナル) の代表的存在のブランドです。
スーツやポロシャツなどメンズラインのイメージが強いものの、近年ではレディース向けのライン、また家具や生活雑貨を扱うラインでも人気が集まっています。

そんな成長を続けるRALPH LAURENのキッズ・ベビー向けラインは、アイテムの種類が豊富。
また、スポーティーでカジュアルなものから、シックで上品なものまで、テイストの幅が広いのもRALPH LAURENの大きな特徴です。

RALPH LAURENといえば、やはり定番中の定番ポロシャツ!
ポロシャツならママと子どもだけでなく、パパも一緒に、ファミリー全員でお揃いコーデができます。
休日のお出かけには、RALPH LAURENをチョイスしてみては?

♦︎RALPH LAUREN(ラルフローレン)
http://www.ralphlauren.co.jp

キッズアイテムはハイブランドで④ もはや大人よりもオシャレ!GUCCI

世界的に有名な、イタリアを代表するハイブランド「GUCCI(グッチ)」。2011年に、0歳~8歳の子どもを対象にしたキッズラインをスタートしました。
キャンペーンには、GUCCIのユニセフへの寄付などの支援活動に賛同した、女優で歌手のジェニファー・ロペスとその双子の子ども達が起用されたことでも話題になりました。

GUCCIのキッズラインは他のハイブランドと比べても、より大人向けラインと変わらない品質やデザイン性が徹底されている点が魅力的。
お洋服だけでなく、バッグやアクセサリーなどの展開もあり、大人でも違和感なく使うことのできるものも多数。それでいて、価格設定は大人向けラインよりも抑えめ、ということもあり、大人の間でもキッズラインのアイテムに注目が集まっています。

また、GUCCIのアイコニックなクマがプリントされているベビー向けアイテムは、その可愛らしさから出産のお祝いなどで人気がありますよ♡

♦︎GUCCI(グッチ)
http://www.gucci.com/

子どもがハイブランドなんて生意気~なんて思う方もいらっしゃるかもしれません。
でも大人のイメージが強いハイブランドを小さな子どもが着こなす姿は、また違った可愛らしさや魅力がありますよ♡
キッズアイテム全てをハイブランドにする必要は全くありません。
ここぞというお出かけ用や、パパやママとのリンクコーデ用に少しだけ持っておけば楽しめますよ!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。