記念日にオススメ!“手形・足形アート”で子供の成長を楽しく記録♡

Baby&Kids / Life style

お子さんがいらっしゃるママさんたちは、我が子の成長の記録をどのように保管していますか?
写真スタジオで記念撮影をしたり、フォトアルバムを作ったり…。様々な方法で成長の記録を残すことができますが、今回ご紹介したいのは“手形・足形アート”です。

こちらは、簡単に楽しくお子さんと一緒に作成できるので、とってもオススメです!またお子さんだけではなく、家族みんなで手形や足形を取れば、ちょっとしたプレゼントにも喜ばれますよ♡

― 広告 ―
秋間 恵璃
秋間 恵璃
2015.12.26

手形・足形アートってどんなもの?

お子さんの成長を記録する方法として最近話題の、“手形・足形アート”をご存知ですか?

その名の通り、手形や足形を取ってモチーフを作り上げる、楽しいアートのことです。

お誕生日の記念などに、手形を取って色紙に写したことがある方も多いと思いますが、その手形や足形を使ってアートをするというのは、新しい発想ですよね♪

お子さんの成長はあっという間!
時間が経ってしまったら、二度と同じ作品は作れないというのが、“手形・足形アート”の最大の魅力です♡

手形・足形アートのやり方は簡単!子供のペースに合わせて、ムリせず楽しもう♪

出典:item.rakuten.co.jp

「アート」と言うフレーズを聞くと、ちょっぴり難しそうなイメージを持つ方もいるかもしれません。でも、手形・足形アートは簡単に完成させることができるのも魅力の一つ。そこで今回は、手軽に楽しめるやり方をご紹介します♪

市販の手形用のスタンプを用意して、それを子どもの手のひらや足の裏にポンポンと塗るだけ。もし専用のスタンプが用意できなくても、絵の具とメラミンスポンジがあればOKですよ。

メラミンスポンジに絵の具を取り、専用スタンプと同じ要領で、手のひらや足の裏に色をのせれば準備は完了です!

紙に手形や足形を写したら、ひとまず乾かしておきます。乾いたら、切ったり貼ったり描いたり…思うままにアートをすれば完成です♡

キレイにできなくても、それがまた良い思い出になったりするもの。お子さんの機嫌が悪くなってしまったら、ムリせず切り上げる心づもりで、楽しく取り組みましょう。

親子で手形・足形アートをすれば、大切な記念に♡

お子さんの手形を取って、額に入れて飾っているご家庭も多いでしょう。手形・足形アートは、お子さんだけではなく、パパやママの手形や足形も一緒に取って、アートの材料にすることができます♪

一番簡単に仕上がる手形アートは、象をモチーフにしたデザイン。お父さん象とお母さん象に囲まれた子供の象、という構図は、とっても可愛く仕上がりますよ♡

100日記念やハーフバースデー、お誕生日などの大切な記念日などに、親子の手形・足形を記念で残すのも良いですよね。

手形・足形アートは、年始のご挨拶にもオススメ♡

手形・足形アートは、アイディア次第で様々な使い方ができます。例えば、お子さんの手形や足形を使って、年賀状の作成や年始のご挨拶のプレゼント作りはいかがですか?

年賀状作成にはもう間に合わなくても、久しぶりに会うおじいちゃん・おばあちゃんへ、干支や門松などをあしらった手形・足形アートを贈ったら、喜んでもらえること間違いナシです♡

心のこもった贈り物は、どんなデザインにしようかと考えるだけでも、楽しい気持ちになりますよね。

いかがでしたか?ただ手形や足形を残すだけではなく、アートにすることによって、華やかな思い出へと変身します♡
手形・足形アートは簡単に楽しくできるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

― 広告 ―