タイツで作れるの!?海外ママの間で話題の「ノットクッション」とは

Cover image: secondstreet.ru

長いチューブ状のクッションを使って作る、ノット(結び目)がおしゃれな「Knot cushion」(ノットクッション)。

実は、タイツからもDIYできると今、海外ママの間で話題なんです♪

作り方はもちろん、おすすめの空間への取り入れ方まで♡ノットクッションの魅力に迫ってみましょう!

タイツで作れる「ノットクッション」って何?

item.rakuten.co.jp

あんまり日本では聞きなれない「ノットクッション」という言葉。

ノットとは、英語で「結び目」を意味する言葉で、長いチューブを結んでいくことで作られるデザインのクッションです。

日本でも、結び目の美しさを活用したものと言えば、水引や水引アクセサリーがありますよね♡

結びめの幾何学的とも言える美しさを、インテリアにも気軽に取り入れられるのが、ノットクッションなのです。

作り方さえマスターすれば、タイツなど身近なもので手軽に作れるクッションです。

Design House Stockholm/KNOT ノット クッション

¥11,880

販売サイトをチェック

ノットクッションの作り方
▶︎タイツに綿を詰めれば自分で作れる!

まずは、「早速ノットクッションを作ってみたい!」という方のために、簡単に作り方をご紹介します。

用意するものは次の通り。

・タイツ(2本分)
・綿(手芸用でOK)
・ハサミ、針、糸、安全ピン

綿以外は、家にあるものを再利用して作れます。

材料を用意したら、あとはタイツに綿を詰めて、結び目を作っていくだけ!

詳しい結び目の作り方は動画などを参考にしてみましょう。

単純に三つ編みをするだけでも、可愛い仕上がりになりますよ♡

ノットクッションの作り方・アイデア
▶︎赤ちゃん用のクッションにぴったり♡

ふわふわとしたノットクッションは、ライン状にすればベビーベッドに敷いても可愛いんです♡

角に頭をぶつけるのが心配な場所に、ガードとして置いておいてもさりげなくておしゃれ!

場所に合わせて、サイズや長さを調節できるのもDIYだからこそです。

ノットクッションの作り方・アイデア
▶︎腕編みでマットに

タイツでニットチューブを作ったら、腕編みしていけばマットにもなりますよ。

もちろん、たくさんノットクッションを作って、針と糸でつなぎ合わせていってもOK。

お好みの大きさにして、ベビーマットや、椅子の座布団クッションなどを作ってみましょう。

ノットクッションの作り方・アイデア
▶︎そのまま置くだけでインテリアに♪

@atthefrontdoorがシェアした投稿 -

簡単に作れるノットクッションは、派手な色のタイツで作れば、そのまま置くだけでおしゃれなインテリアに。

ユニークな形状なので、存在感も抜群です♪

ノットクッションの作り方・アイデア
▶︎モノトーンインテリアに

白タイツや黒タイツを使って作れば、モノトーンインテリアの可愛いアクセントに♪

同じ色味のタイツを使えば、多少形が一つ一つ違っていても、かえっておしゃれに見えるものです。

ノットクッションの作り方・アイデア
▶︎カラフルにたくさんあってもおしゃれ!

カラフルなタイツ、長く履いているとちょっと飽きてくることもありますよね。

タイツのデザインに飽きてしまったら、少しずつノットクッションを作り置きして、こんな風にカラフルなシリーズで揃えてみてはいかが?
冬のお家の中でのクラフトや、子供と一緒に楽しむクッション作りにも向いているノットクッション。

タイツから作れるため、おしゃれなのに材料費は激安!

ぜひ動画などの作り方を参考に、お気に入りのノットクッションを作ってみてくださいね♡

Knotcushion(ノットクッション) タイツ 作り方

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小内はじめ

おしゃれなもの、DIY、ふらふら一人旅が大好きなフリーライター。
手を動かすことが大好きで、可愛…

>もっとみる