ダイエットは呼吸から…そして美は骨盤から!《背中美人編》

美容

こんにちは、パーソナルトレーナーの高山です。
美しい姿勢とダイエットにつながるトレーニングをご紹介するシリーズのPart3です。今回は、背中美人を目指して、呼吸をしやすくするためのトレーニングをお伝えします。

《背中美人ダイエット》背中は悩みがいっぱい、希望もいっぱい!

姿勢が悪くなると、気になるのが背中の丸み。
背中の脂肪が取れなくて、下着に乗ってしまうお肉(脂肪)に悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

背中美人ダイエット。まずは、背中まわりを動かしていきたいと思います。

初めに椅子を用意して、《Part1》の記事で取り上げたストレッチを行いましょう。
①後ろで手を組みます。
②胸を前に出し、背中を真ん中に寄せることを意識します。
※腰が反りすぎない様に気をつけましょう。

《背中美人ダイエット》背中が温かくなるまで寄せる・寄せる・寄せる!

続いて、先ほどの姿勢から、手だけを外します。

①肘を伸ばして、指先を付けたまま、手のひら同士を引き合うようにして後ろに引きます。
※肩が上がらない様に気をつけましょう。

②10秒キープ×3セットを行いましょう。
※肩周りに痛みや不安のある方は、無理をしない様に気をつけてください。

繰り返し行っていると、肩甲骨周りが熱くなってくると思います。万が一、手の平がついてしまう方は、手のひらで押し合ってみましょう。

《背中美人ダイエット》やればやるだけ自分に戻ってきます!

このトレーニングをすると、皆さんから「昔はもっとできたのに!」「これ苦手」「キツイ〜」などと言われます。

そうです!少しキツイのです。だからこそ、チャレンジしていただきたいトレーニングです。

筋肉を使わないことが原因で体のバランスが崩れてしまうということを、《Part2》の記事でもご説明させていただきましたが、それくらい、背中周りの筋肉は日常で使っていないということですね。

だからこそ、意識して行えば、頑張った分だけ結果はついてきますよ!

ダイエットは呼吸から…そして、美は骨盤から《Part2》

《背中美人ダイエット》天使の羽を手に入れよう!あなたの腕は届きますか?

骨盤・肩甲骨は、人間の体の中でもとても大事なパーツだと私は思っています。

ここで、一緒にチェックをしてみましょう。
右手を上から、左手を下から後ろに持って行って、手を組めますか?
できた方は、反対の組み合わせも行ってみてください。両方できましたでしょうか?

なかなか難しいと思います。片方はできるのに、もう片方はできない…という方もいらっしゃると思います。これは、肩甲骨の中にあるインナーマッスルが弱かったり、胸の硬さが原因かもしれません。

背中美人でいるために、普段から肩甲骨を動かすことを習慣づけてみましょう!

お風呂に入り体を洗う際に、片手で洗ってみてください。
洗い残しのないように頑張ることを続けると、肩周りが柔らかくなり、背中の筋肉が活性化されます。胸周りも柔軟性が上がり、その結果呼吸がしやすくなり、代謝が上がることで最終的にはダイエットにつながりますよ。

体を変えるためには、まず土台が必要です。そして、その土台は骨盤だと考えています。
骨盤まわりが変わるだけで、皆さんの体は変わりますよ!時間がかかるかもしれませんが、少しずつでも、取り組んでいただきたいです。

そして、自分の体を知る事は大切な事です。是非、この機会にご自身の体と向き合ってみてください。体が変わる楽しさを感じていただければと思います。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。