理想と現実は違う?「新婚あるある」の上手な対処法4つ

理想と現実は違う?「新婚あるある」の上手な対処法4つ

結婚前は、誰もが幸せな新婚生活を思い描くものですよね。
しかし結婚後、思ってたのと違う!と不満が溜まる一方という方も少なくないのでは?
今回は、新婚ママ必見!”新婚あるある”の上手な対処法をご紹介していきます。

”新婚あるある”の上手な対処法①「幸せでもストレスはある」

”新婚あるある”の上手な対処法、1つ目は「幸せでもストレスがあることを自覚」するということです。

夢にまで見た新婚生活。大好きな彼と家族になり、赤ちゃんも生まれる♡と、自分でも幸せいっぱいなのがわかっているのに、眠れないほどイライラしてしまう……。

それは、隠れストレスが原因かもしれません。実は、ストレスと無縁に思える、良いできごとが続いた時にも心はストレスを感じることがあるのだそう。

良いできごとは人生に豊かさをもたらしてくれますが、より一層頑張らなくては!と考えるきっかけにもなります。

幸せから生まれたストレスは、なかなか自分でも気がつかないもの。

どうしてもイライラしてしまうという時には、「疲れているかも?」と自分自身を見つめる時間を作ることが大切です。

”新婚あるある”の上手な対処法②「イライラ限界の時にはプチ旅」

”新婚あるある”の上手な対処法、2つ目にご紹介するのは「イライラ限界の時にはプチ旅」をするという方法です。

旅行は、ストレスを解放させる有効手段!

非日常の時間の中、温泉を楽しんだり広いベッドでゆったり眠ると、知らず知らずのうちに心をリフレッシュさせることができます。

旅行に行く時間がないという時は、普段歩かない道を散歩するなど新鮮な風景に出会うことで、旅と同じく非日常の時間を楽しむことができるので試してみてください♪

”新婚あるある”の上手な対処法③「どこまで手伝ってOKか考える」

”新婚あるある”の上手な対処法、3つ目は「どこまで手伝ってOKか考える」ということです。

夫を変えるよりも、夫の性格に合わせて自分が手伝うことで、どこまで不満がないか考えてみましょう。

例えば夫の「服を脱ぎ散らかす」行動。廊下にもリビングにもそのまま置きぱなしの服は、目に入るとイライラしてしまうもの。

自分で片付けて欲しいけれど、気になるから片付けてしまいたい……と悶々としてしまいますよね。

そんな時は夫のための大きな箱を用意し、脱ぎ散らかしたものをポイポ入れておきましょう。

後は夫にバトンタッチ!夫を甘やかしすぎずお部屋もすっきりするので、イライラを抑えることができます。

”新婚あるある”の上手な対処法④「理想と現実を見つめる」

”新婚あるある”の上手な対処法、4つ目は「理想と現実を見つめる」ということです。

元は他人同士である2人、共同生活をすることで理想とはかけ離れた欠点が見えてくることもあります。

「どうして○○なの!?」と相手に自分の理想を押し付けることは、関係を悪化させることになりかねません。

疲れて家事ができない日には、「疲れている」という事実を伝えるのが大切。そうすれば、家事を夫が手伝ってくれるきっかけになるかもしれません。

理想と現実の違いに怒るのではなく、現実をより理想に近いものにしていくということを考えていきましょう。
新婚は結婚生活のスタート地点、初めは価値観を合わせることで必死になってしまうかもしれません。

しかし、2人のバランスがとれるやり方が見つかり心に余裕が生まれたら夫婦として1歩、歩んだ証です。

ぜひ、”新婚あるある”の上手な対処法を、参考にしてみてくださいね♡

【関連記事】「夫婦で仲良しマッサージ」の効果とは?寝る前10分のギブ&テイク♡

マッサージには、筋肉の疲労や緊張を解きほぐしたり、安らぎを与えるという効果があります。...

新婚 結婚 夫婦

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

渡辺みちる

子育て、お出かけ、ファッションと気になることを書いています。
好奇心旺盛ライターです。

>もっとみる