専門料理店も続々Open!大ブーム《パクチー》の食べ方とは

グルメ・レシピ

独特の香りが特徴で、お料理に入っているだけで最強の存在感を発揮するパクチー。
嫌いな方は絶対無理!と言う程、その存在を嫌う存在ですが、最近ではパクチー専門店も続々とOpenするなど、大ブームとなっている食材でもあります。
今回はそんなパクチーの魅力やオススメの食べ方などをご紹介。

牧村麻美
牧村麻美
2015.08.28

パクチーって何?

パクチーは、中国やインド、ベトナム、メキシコ、ポルトガルなどの中近東や中南米などを中心に、世界各国で食べられているセリ科の野菜。
その国によって、コリアンダーやシラントロ、香菜(シャンツァイ)などと呼び方は様々です。

生で葉の部分をそのまま頂くのが最もポピュラーな食べ方ですが、種の部分はカレーのスパイスとして使われます。
また、根の部分は香りが強く、炒め物や煮物に使う事も多く、根から葉まで余す事無く活用する事が出来るのもパクチーの特徴の1つ。

何とも言えない独特の香りを、ガンガンと発するパクチーは、スパイスや辛味のあるお料理や味の濃いお料理と相性ぴったり!
いつもとは違った、エキゾチックな味わいを楽しむ事が出来るんです♡

パクチーは栄養価が高い!

出典:www.recipe-blog.jp

最近のパクチーブームには、美味しさのみならず、その栄養価の高さにも隠されています。

パクチーは意外にも、美容や健康に効果的な食材。
ビタミンBを始めとするビタミン類が豊富で、紫外線を浴びて疲れた身体を元気にしてくれます。
また、βカロテンが豊富で、活性酸素が増えるのを抑えてくれる働きも。
透明感のある若々しいお肌にはぴったりなんですよ♡

さらにパクチーには、それらの栄養以外にも高いデトックス効果が。
老廃物を排出してくれるのはもちろんの事、普段の生活で体内に溜まってしまう鉛や水銀などの重金属を排出してくれる効果まであるんです♡

お料理を美味しくしてくれるだけではなく、食べると身体にも良いなんて一石二鳥ですよね。
しかし、過剰なパクチー摂取には注意が必要!
頭痛や下痢などの症状が出てしまう方もいるので、1度に大量摂取するのは避けましょう。

美味しいパクチーを食べられる!専門店が続々Open♡

パクチーブームにあやかり、都内でも続々とパクチー専門店がOpenしています。

中でもパクチー好きなら1度は訪れるべきお店は、経堂にある『パクチーハウス東京』!
こちらのお店では、どのメニューにもパクチーをフル活用!

とってもフレッシュで瑞々しいパクチーを厳選して使っているので、パクチーが大嫌いだった人もパクチー嫌いを克服出来るとの噂です。
パクチー好きにはもちろんのこと、パクチーが苦手な方も1度足を運んでみてはいかがでしょう?

<パクチーハウス東京>
住所:東京都世田谷区経堂1-25-18 吉川水産ビル 2F
電話:03-6310-0355
時間:18:00~23:00(L.O.22:00)

パクチーがあると、お肉料理の美味しさがワンランクUP♡

最後は、パクチーを使ったおすすめの食べ方「スパイスペースト」をご紹介。

【材料】
・パクチー 200〜400gのお好みで
・クミンシード 大さじ2
・黒胡椒 大さじ1
・ニンニク 大き目のものを半分
・カシューナッツ 200g
・お塩 適量
・砂糖 適量
・オリーブオイル 適量

【作り方】
① 細かくしたニンニクを、オリーブオイルで香りが出るまで炒める。
② ミキサーに洗ったパクチー、①のニンニク、カシューナッツ、クミンシード、黒胡椒を入れてペースト状に攪拌。
③ お好みでオリーブオイルや生クリームで生地を伸ばし、塩とお砂糖で味を整えれば完成。

お肉に塗ってオーブンで焼くだけで、本格的なスパイスの味わいが豊かなメニューに♡
生クリームで伸ばしたものは、粉チーズなどを加えると野菜のディップソースとしても大活躍です♡

いかがでしょう?
人気急増中のパクチー。最近では、パクチーが大好きな方の事を「パクチニスト」と呼ぶそうですよ。
スーパーでも昔より手軽に買えるようになった他、パクチーを使ったドレッシングまで発売されるように♡
栄養満点で美容にも抜群のパクチーを、美味しく食べて楽しみたいですね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。