《ゆう活》を国が推進!朝方生活&夕方の自分時間でゆったり子育て♡

子育て・ライフスタイル

現在お仕事とママ業を兼任されている『4yuuu!』読者の皆さんに朗報です♡
現在試験的に国の推進で《ゆう活》をスタートさせている会社があるんだそう。
《ゆう活》って一体なに?
今日はそんな疑問を徹底解説したいと思います。

《ゆう活》で朝方生活に♡①ママにとって一番大切なのは家族との時間♪

近年では出産を経て育児休暇をとったのち、またお仕事をスタートさせるママの数が増えてきています。皆さんは、時短でお仕事をしていますか?それともフルタイムでお仕事をしていますか?

いずれにせよ、働くママにとって限られた家族との時間って本当にかけがえのないものですよね♡

そんな家族との時間が今以上に長くとれ、有効に使えたらそれってステキではありませんか?

国が推進する《ゆう活》は、子育て中のママ達の願いが叶う可能性がぐんとアップする活動なんです!

《ゆう活》で朝方生活に♡➁”ゆう活”ってなぁに?

現在はまだ試験的に開始している会社がある程度なのですが、国が推進しているという新しい取り組み《ゆう活》とは、一体どんなものなのでしょうか?

《ゆう活》とは日の長い夏の時間を利用した取り組みで、朝早い時間に出社し、その分早く退社をするというしくみのこと。

夕方のうちに早く家路につき、その時間を有効に使うことが出来るというところから《ゆう活》と名付けられているんですね♪

この制度、本当にどの会社にでも浸透してきたら子育て中の働くママにとっても嬉しいことですよね!

《ゆう活》で朝方生活に♡③実際はどれくらいの人が満足しているの?

気になる《ゆう活》ですが、実際どれくらいの人が満足できる取り組みなのでしょうか?

会社での実施の前に、まず内閣人事局で5月の3週間試験的に実行してみたんだそう。

出勤時間を午前7時30分、8時30分に早めた人の中の84%がそれぞれ午後4時15分、5時15分に退庁することが出来、午後8時以降まで残業をした人はわずか7%にとどめることが出来たんだそうですよ!

そしてその中のどれくらいの人にとって満足が出来る取り組みであったかというのも非常に気になりますよね。

この内閣人事局の《ゆう活》に参加した87%の人が、有意義だったと答えているんだそう。

家族との団欒の時間にしても、習い事を始めたりするのも時間の使い方はママの自由♡何にせよ夕方のうちに退社できるのは子育て中のママにとってはとてもありがたいですよね♪

《ゆう活》で朝方生活に♡④ルール作りだって必要!

こうした《ゆう活》の取り組み、大変興味深いと思いませんか?

私たちの様な子育て中の働くママに大きな影響をもたらしそうな仕組みだと思うのですが、今後私たちの生活に馴染むまでに広がりを見せるのであれば、やはりルール作りも同時に必要になってきます。

早く出社した分残業が多くなってしまうのでは意味がないですし、《ゆう活》に参加したいけれど家族の都合でこれ以上早い時間の出社は難しい…そんな人には無理強いをしないで、選択の余地があるなど、みんなが公平に《ゆう活》を利用できるようになると笑顔がもっと増える日本になりそうですよね♡

いかがでしたか?国が推進し始めている《ゆう活》をご紹介しました。朝方生活にシフトして夕方の自由時間が増える…♡
働く女性が増える一方で、国でもこうした取り組みを開始しているのはとてもうれしいこと。
家族みんなが笑顔になれる世の中になるといいですよね♪