マニキュアでセルフネイル♪上品"秋"カラーで作る大人デザイン4つ

美容

すっかり涼しくなり、秋色ネイルが似合う季節になりましたね。

今回は、ボルドー、カーキ、ベージュなどの秋カラーを使った大人ネイルデザインをご紹介します。

マニキュアでのセルフネイル派の方にもおすすめですよ♪

秋カラーのマニキュアでセルフネイルに挑戦♪:ヒョウ柄

【マニキュアでできる♪ヒョウ柄ネイルの作り方】

■用意するもの
・マニキュア3色
 (同系色のカラーの組み合わせがおすすめ)
・お好きなストーン
・コットン
・除光液
・スティック
 (爪楊枝やピンセットでもOK。ストーンをのせるときに使用)
・エメリーボード(爪を削るファイル)
・ベース&トップコート
 (ストーンをのせる場合は、ぷっくりするトップコートが◎)

■手順
1. エメリーボードで爪の形を整えます

2. 爪表面の油分を、除光液をつけたコットンで拭き取ります

3. ベースコートを塗ります

4. 3色の中で一番うすい色のマニキュアを全体に塗ります

5. 次にうすい色のカラーを、大きさを少し変えつつ、ドット状に置きます

6. 一番濃いこげ茶のマニキュアで、ドットにのせた茶色を囲みます

7. お好みのストーンをつけ、トップコートで仕上げる

<point>
・ドット状に置くときは、メインになる大きいドットを3つほど置き、残りのスペースに小さいドットを置く。形は丸くなりすぎないよう気を付ける。

・こげ茶で囲むときも、均一になりすぎないように、そして隣のドットと同じ形にならないよう、ランダムに描く。

秋カラーのマニキュアでセルフネイルに挑戦♪:フェザー風ネイル

【フェザー風ラメグラデネイルの作り方】

■用意するもの
・マニキュア3~4(ラメもいれると◎)
・お好きなストーン
・アルミホイル
・アイシャドーチップ
・コットン
・除光液
・スティック
 (爪楊枝やピンセットでもOK。ストーンをのせるときに使用)
・エメリーボード(爪を削るファイル)
・ベース&トップコート
 (ストーンをのせる場合は、ぷっくりするトップコートが◎)

■手順
1. エメリーボードで爪の形を整えます

2. 爪表面の油分を、除光液をつけたコットンで拭き取ります

3. ベースコートを塗ります

4. [フェザー①]マニキュアの刷毛をしごき、カサカサの状態にする

5. [フェザー②]爪先から甘皮に向かってうすい色から順に、かすれるように塗る

6. [フェザー③]最後にバランスを見ながらラメや、足りない色を調整していく

7. [ラメグラデ①]アルミホイルにラメマニキュアを置き、アイシャドーチップにつける

8. [ラメグラデ②]爪先から甘皮に向けて、トントンと叩くようにラメをのせていく

9. [ラメグラデ③]乾いたら、もう一度同じように、②より浅めにのせる

10. お好みのストーンをつけ、トップコートで仕上げる

<point>
・ラメの工程は、3回ほどで仕上げます。何度も重ねると先端が分厚くなるので、注意!

・フェザー部分は、ボトルの口でマニキュアの刷毛をカサカサにして、色を重ね塗りします。

秋カラーのマニキュアでセルフネイルに挑戦♪:リッチで上品なボルドー

【大人上品ボルドー&パールネイルの作り方】

この季節にとっても人気のボルドーカラー♪

パールやゴールドのテープを合わせて、リッチで大人上品なデザインに仕上げます。

<point>
・マニキュアで作るときは、カラーを塗る前に、テープをあらかじめカットしておきましょう。

・テープが先端から剥がれてこないよう、トップコートを爪先までしっかり塗りましょう。

秋カラーのマニキュアでセルフネイルに挑戦♪:迷彩デザイン

【秋色で作る迷彩ネイルの作り方】

お好きな秋色で、意外と簡単にできる迷彩ネイル。普段使わないような冒険色も、ぜひワンポイントカラーで取り入れて♪

<point>
・迷彩アート部分で使ったカラーを他の指に使うと、全体的にまとまります。

・迷彩カラーには、紺やボルドーなど濃いめの色を1色入れるのがおすすめです。

秋カラーと使った大人なセルフネイルデザインは、いかがでしたか?

そろそろ本格的に衣替えの季節。指先も秋色にチェンジしましょう。

秋ネイルは、大人かわいい色がいっぱいですので、ぜひ試してみてくださいね♪