無理しすぎてない?ママ友付き合いに疲れたら見直したい4つのこと

無理しすぎてない?ママ友付き合いに疲れたら見直したい4つのこと

新学期のスタートから、数ヶ月……。新しい環境に馴染もうと必死になりすぎて、ママ友付き合いで気疲れしてしまっている方はいませんか?

今回は、“ママ友付き合いに疲れたら見直したい事項”について、ご紹介します。

ママ友付き合いに疲れたら見直したい事項① みんなから好かれようとしすぎない

ママ友付き合いで疲れないためのコツは、みんなから好かれようとしすぎないことです。

ママ友との付き合いを上手くこなそうとして、周囲からの評価を気にしすぎていませんか?

自分の感情を押し殺して、他のママの意見を優先していることも、多いのではないでしょうか。

もちろん、他人の考えを受け止め、尊重してあげることは大切ですが、そこには自分の考えを持っていることが前提となります。

万人から好かれようとするのではなく、好きな自分像を描くことで、ママ友付き合いが楽しいと感じられるようになるはずですよ。

ママ友付き合いに疲れたら見直したい事項② ありのままの自分を見せてみる

ママ友付き合いに疲れたと感じるのは、ありのままの自分を見せることができていないからかもしれません。

『失礼な事をしちゃいけない』などと、子どもを通して知り合ったママ友には気を使いがち。

相手の子どもが悪いことをしていても、気を使って注意ができないなど、ストレスがたまることもありますよね。

人間関係において、気を使う場面は多々ありますが、度が好きてしまうと子どもにも影響が……。

ある程度は気を使っても、ありのままの自分を見せておくことで、ママ友との付き合いも楽になるはずです。

素を見せることで、気の合うママと親交を深めるきっかけにもつながりますよ♡

ママ友付き合いに疲れたら見直したい事項③ 笑顔で挨拶を心がける

噂だらけのママ友付き合いに疲れたと感じた時には、人間関係の基本である「挨拶」をもう一度見直してみませんか?

そういえば、仲の良い方にしか挨拶をしたことがなかった……というママは、要注意!

良好な人間関係を築くためのチャンスを、自ら放棄していることになります。

人から声をかけられる前に、自分から挨拶をするように心がけてみましょう♡

たとえ、顔見知り程度のママであっても、決して悪い印象をもたれることはないはずですよ。

ママ友付き合いに疲れたら見直したい事項④ マイペースさを保つ

子どもを通してのママ友付き合いで、「なんだか疲れたな……。」と感じるときは、マイペースさが保たれていないのかもしれません。

周りのママが楽しそうにママ友付き合いをしている姿を見て、焦りを感じてしまったことはありませんか?

でも、気が合わないママと無理をして付き合わなければいけない狭い世界ではありません。

気が合う方とだけ付き合いを楽しみ、気が合わないママとは挨拶程度でも充分なのです。

『素敵なママと出会えたらいいな』というマイペースさを保つことが、大切です♡

子どもにどのような人生を歩んでほしいかと考えた時、ママにとっても大切なことが見えてくるのではないでしょうか。
“ママ友付き合いに疲れたら見直したい事項”を4つ、ご紹介いたしました。

見直すべきことは、とてもシンプルな事ばかり。

肩の力を抜いて過ごすことで、気の合うママ友との出会いが訪れるはずですよ♡

ママ友 付き合い 疲れた

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

渡辺みちる

子育て、お出かけ、ファッションと気になることを書いています。
好奇心旺盛ライターです。

>もっとみる