夏の美人は食事から!キレイをつくる食べ物4つ

美容

美人が食べている食事って気になりますしマネしてみたいですよね。
世界的に有名なモデルやセレブが実践している食事にはある一定の法則があるって知っていましたか?
その中から夏のキレイに必要な食事のとり方をピックアップしてご紹介します。

美人なあの人の食事のとり方<1>夏こそあたたかいものを!

女性の天敵「冷え」。足の筋肉量が男性よりも少ない女性は末端神経が冷えてしまいがち。冷えはむくみや肌荒れなど無用なトラブルを引き起こしてしまいます。

また慢性的な冷えはホルモンバランスを崩し不妊の一因にもなりかねません。
「夏は暑いし大丈夫!」なんて、無頓着に過ごしていませんか?

冷房で冷やされ、密閉された空間に長時間いることが必然的に多くなる夏は、末端神経だけではなく身体が全体が冷えてしまいがちです。

夏こそ温かい飲み物を飲んで身体の内側からあたためる"温活"が必要です。「夏でも温活」は今や美人のスタンダードです。

美人なあの人の食事のとり方<2>最初に食べるのは野菜♡

世界的なセレブやモデルの食事をみてみても、キレイだなと思う人は食事に野菜を有効活用しています。日本でも有名なミランダ・カーも野菜好きで知られていますよね。

低カロリーで栄養価が高い野菜ですが、"やみくもに野菜だけ食べればいい"というものでもありません。タンパク質を摂らなければお肌がしぼんでしまいますし、脂質を抜いてしまうと、肌は夏でも乾燥して粉をふきます。何事もバランスと適量が大切ということです。

野菜のパフォーマンスを最大限に発揮させたいのであれば、食事の時に最初に食べるようにすることをオススメします。血糖値の急上昇を防ぎ、ダイエットやアンチエイジングに効果がありますよ♪

美人なあの人の食事のとり方<3>食べよう!ジャパニーズスーパーフード

引用:gurutabi.gnavi.co.jp

今世界中の美女たちに大注目されている"ジャパニーズスーパーフード"。

日本独自の発酵食品である「ぬか漬け」「味噌」「納豆」などはキレイにとって必要な栄養素がふんだんに含まれています。普段の生活から意識して積極的に食べていきたいですよね♪

「味噌」には身体を内側からあたためてくれる作用がありますし、納豆のネバネバには保水作用があるので、日焼けや冷房で乾燥しがちな肌を内側から潤しケアしてくれます。

腸内環境を良くして美肌をもたらしてくれる「糠漬け」などは、夏だけではなく通年通してとりいれていきたいジャパニーズスーパーフードです。

美人なあの人の食事のとり方<4>美女のゴールデンルール《3:2:1》って何?

引用:allabout.co.jp

食事において何より大切なのがバランスです。

野菜は美肌に作用するビタミンやミネラル、食物繊維やフィトケミカルがとても豊富にそろった美容食ですが、野菜だけ食べてもそのパフォーマンスを100%発揮することはできません。野菜に含まれるビタミンやミネラルは炭水化物やタンパク質・脂質などと結びつくことで仕事をするからです。

でも、一重にバランスといってもどのようにすればベストバランスになるかって難しいですよね。

そこでオススメしたいのが、美女のゴールデンルール。1回の食事で3(炭水化物):2(野菜):1(タンパク質)になるように食べると上手にバランスがとれますよ♪

夜は炭水化物を少し控えてもOK!お試しになられてください。

いかがでしたか?美人な人は取り入れている食事のとり方をご紹介しました。
食事はキレイを裏切りません。不摂生な食事をすると必ず肌や身体が劣化してしまいます。
年齢を重ねてもキレイでいるために毎日できる簡単なキレイをぜひ実践されてみてくださいね♡