実はダイエットの強い味方!?とうもろこしを美味しく食べよう♪

グルメ・レシピ

6月〜9月が旬のとうもろこし♪
とうもろこしはヘルシーそうですが、実際カロリーはどれくらいか知っていますか?
栄養は?美味しい食べ方は?など、とうもろこしについての色々をご紹介します(*^o^*)

ダイエットの強い味方《とうもろこし》を食べよう♪①実は栄養豊富♡

出典:www.sirogohan.com

とうもろこしにはビタミンやミネラルがバランスよく含まれていて、貧血予防に良い鉄分や葉酸も豊富です。

また、とうもろこしの粒を作り出している皮にたくさんの食物繊維が含まれているので、便秘解消や満腹感を与えてくれるそう!脂肪燃焼するリパーゼという酵素も含んでいるのでダイエットの味方と言えそうですね。

ですが、とうもろこしは炭水化物のひとつで主成分が糖質。とうもろこしって甘いですよね^ ^

100gあたり100kcalとすごく低カロリーというわけではないので、お菓子代わりやご飯の代わりに食べるとダイエット効果があるのかなと思います♪

栄養豊富なので上手く身体に取り入れたいですね♡

ダイエットの強い味方《とうもろこし》を食べよう♪➁とうもろこしの正しい食べ方

出典:kumiko-jp.com

とうもろこしの食べ方ですが、茹でるとビタミンなどの栄養がお湯に流れてしまうそうです!もったいないですね>_
先日テレビでとうもろこし農園の方が電子レンジで皮ごと温めるのが簡単で栄養も逃さず美味しく食べられると紹介していました。

①皮ごとのとうもろこしを耐熱皿に乗せてラップをせずに5分間電子レンジで加熱する
②茎と葉の付け根から2センチを切る
③ヒゲを持って下に振ると身の部分だけがつるんと落ちる

やってみましたがするんと身だけ落ちて快感でした♡

今まで粒と粒の間に挟まったヒゲを取るのが大変だったのに目からウロコです!うまく落ちなくても皮やヒゲは剥きやすくなっていました♪

ダイエットの強い味方《とうもろこし》を食べよう♪③粒を一気に外すコツって?

出典:ii-fake.com

急ぎの場合はサランラップやアルミホイルの芯を使います。温めたとうもろこしを立てて、芯を上から入れ込んで落とすと一気に粒が外れます。

粒をとうもろこしの芯に残さず綺麗に取りたいという場合は、包丁の角を粒の間に入れ2列ほど粒を外し、その後指で粒を一列ずつ外した側に倒していくとポロポロ取れます。親指の腹でやすとやりやすいかなと思います^ ^

これはクックパッドで見つけたやり方で、こちらでは最初はバターナイフで外しています。
http://cookpad.com/recipe/745347

そのまま食べるのはもちろん、サラダに乗せたりポテトサラダやスープに入れたり、粒は使い勝手が良く黄色の彩りが加わっていいですね♡

ダイエットの強い味方《とうもろこし》を食べよう♪④お家で”本格焼きとうもろこし”

出典:cookpad.com

海の家やお祭りの屋台で食べる焼きとうもろこし、美味しいですよね(*^^*)
実は、網がなくてもお家で簡単に作れます♪

温めたとうもろこしを用意。バターをフライパンで温めてとうもろこしを入れます。醤油と砂糖をしっかり混ぜたものを入れて、とうもろこしをころころ転がします。いい感じに焦げ目がついたら出来上がり♪

バターなしでもできます。醤油が焦げないようにころころ転がして気をつけてくださいね♡

いかがでしたでしょうか?ダイエットの強い味方になりそうな《とうもろこし》の魅力をご紹介しました。
ちなみに美味しいとうもろこしの見分け方は、濃い緑色の皮とヒゲの根元が鮮やかな黄色であることだそうです!
ヒゲの根元が茶色っぽく枯れかかっているのは完熟しすぎていてイマイチなんだとか。
買うときは皮やヒゲの色を要チェックですね(*^^*)