好感度アップ♡すっぴん風ナチュラルメイクを綺麗に仕上げるコツ4つ

おしゃれなトレンドメイクも押さえておきたいけれど、誰にでも好印象を与えるのは、やはりナチュラルメイク。

とはいえ、ナチュラルメイクというのは、意外に難しいもの。下手をすると、ただの手抜きメイクに見えたり、あか抜けないイメージになってしまったり……。

今回は、まるですっぴんのように自然なのに美しく見える、ナチュラルメイクのコツをご紹介します。

すっぴん風ナチュラルメイクのコツ①ベースメイク

ナチュラルメイクを美しく見せるために一番大切なのは、肌が美しく見えるかどうかです。

つまり、ベースメイクの仕上がりがナチュラルメイク成功の鍵を握っている、といっても過言ではありません。

基本的に厚塗りはNG。いかに薄く、均一にファンデーションを塗るかが、ベースメイクのポイントになります。

そのためにはまず、スキンケアでの下準備が必要です。しっかりと保湿をして、肌表面のキメを整えておくことが大事。

そして、いつもよりも丁寧に塗りたいのが下地です。

下地の段階で肌のアラをきちんとカバーできていれば、上に重ねるファンデーションが少量でも、肌は明るく、均一に仕上がります。

また、ファンデーション選びも重要です。

マットなものは厚塗りに見えがちなので、自然なツヤのあるタイプを選びましょう。リキッドファンデーションやBBクリームなどがおすすめです。

ファンデーションの塗り方としては、全体に均一に塗るのではなく、顔の中心部分のみに塗るようなイメージです。

フェイスラインに近い部分はごく薄く、ほとんどつけないくらいでも大丈夫です。

シミ・そばかすなどが気になる場合は、ファンデーションではなく、コンシーラーを使ってカバーします。

透け感のあるナチュラル素肌に仕上げるためには、ベースメイクを丁寧に、薄塗りすることを心がけましょう。

すっぴん風ナチュラルメイクのコツ②アイブロウ

ナチュラルな印象を作るパーツとして、意外と大切なのが「眉毛」です。

きっちりとした眉毛を描いてしまうと、それだけで「しっかりメイク」の印象になってしまいます。

とはいえ、最も手抜きメイクに見えてしまうポイントも眉毛なので、丁寧にメイクをしていかなければいけません。

眉毛を自然に見せるには、やや太めで、なだらかなアーチを描くようにしましょう。

アイブロウペンシルでしっかりと描きすぎてしまう方は、アイブロウパウダーを使うのがおすすめです。

描く順序は、眉尻から眉頭へ、毛流れに沿って描きつつも、バックするように描いていきましょう。

こうすることで、眉頭に向かって自然なグラデーションを作りやすくなります。

眉頭をハッキリ濃く描いてしまうと、一気にしっかりメイクに見えてしまうので、眉頭は薄くするのがコツ。

そして最後に、眉の境目を、ブラシや綿棒でぼかします。このひと手間が抜け感のコツになるので、ぜひ忘れずに。

すっぴん風ナチュラルメイクのコツ③アイメイク

アイメイクの印象を左右するアイラインは、ナチュラルメイクにおいては、目立たせ過ぎないのがポイントです。

ラインを引く場所は、まつ毛の根元です。まつ毛の根元が見えない一重の方は、目尻にのみアイラインを少し長めに入れましょう。

アイライナーは、リキッドタイプよりも優しく仕上がる、ペンシルタイプがおすすめです。

さらに自然に仕上げたい方は、ブラックよりブラウンを選ぶと◎

アイシャドウは、シンプルにするのが鉄則。基本は、ブラウンやベージュ系の肌なじみの良いカラーを使いましょう。

ナチュラルに仕上げたいからと、単色をまぶたに適当に塗ると、手抜きメイクに見えてしまう場合があります。

まぶたの色を綺麗に見せる肌馴染みの良いカラーは、しっかりと塗っておくこと。

そして、締め色のカラーをつけ過ぎないのが、自然に見せるコツです。アイラインに重ねて細く入れるか、目尻のみに入れると良いでしょう。

すっぴん風ナチュラルメイクのコツ④リップメイク

唇は、女性らしさを表現する大事なパーツ。ナチュラルメイクでは、控えめな色をチョイスしましょう。

口紅を塗る前には、リップクリームやリップパックで保湿します。カサカサとシワのある唇では、どんなカラーもキレイに映えません。

色は、肌なじみの良いベージュピンク、コーラルピンク系がおすすめです。もともと唇の赤みがある方は、肌色に近い明るさの口紅で色を抑えると、自然な口元に見えます。

口紅を塗る時には、唇の輪郭を描くと、きちんとした印象に仕上がります。

特に口角の部分をきっちりと描くことで、キュッと引き締まった口元に見えますよ。

また、ムラにならないよう、全体に塗り、一度ティッシュオフしてさらに重ね塗りをすると、きれいに発色します♪
いかがでしたか?

すっぴん風なのに、なぜか綺麗に見える人は、それなりに手間をかけているもの。

自分自身の本来の魅力を引き出すという意味でも、ぜひ「美しいナチュラルメイク」にチャレンジしてみて下さいね♡

すっぴん ナチュラルメイク コツ ベースメイク ファンデーション リップ アイメイク

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

奥島 美帆

『美は、心・技・体。』を掲げる美容研究家。

早稲田大学大学院卒。
運動生理学・…

>もっとみる