プレママ&授乳ママ必見!薬に頼らない『免疫力アップ法』

子育て・ライフスタイル

妊娠中のプレママさんや授乳中のママにとっての大きな問題は、「薬が飲めない」こと。

赤ちゃんのためにも、体調を崩したり、風邪を引きたくない時期ですよね。

今回は、体調を崩す前に知っておきたい”免疫力アップの方法”をご紹介します。

榮樹実
榮樹実
2016.04.04

赤ちゃんのためにママが心がけたい”免疫力アップ”

「免疫力」とは、体の中に入ってくる細菌・ウイルスなどの異物から自分自身を守る力のことです。

免疫力が低下することで、病気にかかりやすくなります。

逆に、免疫力を高い状態で保つことができていれば、ウイルスや菌に勝つことができるため、常に健康な状態でいられるのです。

免疫力は、20代をピークに、加齢やストレスなどが原因で低下していく、と言われています。

免疫力の低下は、風邪以外にも、ガンやアトピー、ぜんそく、花粉症など、様々な疾患を引き起こします。

それだけでなく、肌荒れや疲れの原因ともなるそうです。

赤ちゃんのためにママが見直したい”免疫力アップ法”①食事を見直す

免疫力を高めるのに最も重要で、今すぐに意識できるのが「食事内容」です。体を作ってくれる「食事」だからこそ、見直す必要があります。

免疫力アップには、”腸内環境を整えることが効果的”と言われています。

その代表的な食品は、ヨーグルトやチーズ、納豆、味噌などの発酵食品や、オリゴ糖・食物繊維などが多く含まれる、緑黄色野菜や海草類・きのこなど。

ポイントは、これらの食品を単体ではなく、バランス良く摂ること!

発酵食品は、腸内細菌の増加に役立ち、オリゴ糖や食物繊維は、増えた腸内細菌の栄養源となるので、一緒に摂ることで、より効果を得られるのです。

赤ちゃんのためにママが見直したい”免疫力アップ法”②たくさん笑う

免疫力アップに大切なこと、それは「たくさん笑うこと」です。

「なぜ?」と思われるかもしれませんが、人間の体は、ストレスを溜めると免疫力が下がり、体調を崩しやすくなるのです。

”最近ストレスが溜まっているな……”と感じるときは、大抵、体も不調だったり、肌の調子も悪くなっていませんか?

ストレスを溜めない生活を心がけ、毎日たくさん笑うことで、体がリラックスし、免疫細胞が多く作られるようになります。

忙しい毎日の中でも、時に息抜きをし、たくさん笑いながら生活していれば、心も体も健康で居られるものです。

疲れを感じた時こそ、意識して、笑顔で生活してみてくださいね。

赤ちゃんのためにママが見直したい”免疫力アップ法”③体温を上げる

免疫力を大幅に左右すると言われているのが、「体温」。

免疫細胞は、血液とともに全身をめぐっていますので、体温が下がると、血流が悪くなり、免疫細胞がその力を発揮できなくなるそうです。

その影響力は、”体温が1℃下がるだけで、免疫力が30%も下がってしまう”と言われるほど!

ですので、平熱の体温を1℃でも上げることで、しっかりと血流を上げ、免疫細胞が働く環境にしたいですね。

体温アップには、体を中からと外から、両方でしっかりと温めることが大切です。

温かいものを飲むよう心がけたり、夜はしっかりと湯船につかり、体を温めてから眠りましょう。

また、基礎的な筋力をつけることも、体温アップには効果的。筋肉を増やすことで、血液をしっかりと全身に流すことができます。

日々の生活で、いつもよりたくさん歩いたり、階段を使うようにするだけでも十分です。少しずつ意識して、筋肉量を増やしていきましょう!

プレママの免疫力は、産まれてくる赤ちゃんにとっても大切!

赤ちゃんが産まれてからのアレルギーやアトピーなどのトラブルは、ママにとっても、気になること。

実は、これらの疾患は、妊娠中のママの免疫力が関わっているとも言われています。

赤ちゃんは、ママのお腹の中に居るときは無菌の状態にいますが、出産の際、ママの産道にいる腸内細菌と同様の善玉菌や悪玉菌などが移るそうです。

他にも、免疫力が作られる過程はありますが、こうして赤ちゃんに「免疫力」が備わってゆくため、ママの持つ免疫力・腸内細菌が大きく影響する、と言われているのです。

産まれてくる赤ちゃんの免疫力アップのためにも、ママ自身が体調を崩さず、健康で居るためにも、ご紹介した免疫力アップの方法を、ぜひ試してみてくださいね。

いかがでしたか?健康な生活を送るために大きな関わりのある、「免疫力」。しっかりと備わっているだけで、風邪や病気知らずの、健康な毎日を過ごせるようになります。

日々の少しの意識で大きく変わるので、ぜひ心がけてみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。