プレママさんへ!マザーズバッグに入れておくと本当に便利なグッズ

子育て・ライフスタイル

もうすぐ赤ちゃんが生まれるプレママの皆さん、おめでとうございます♡
赤ちゃんが生まれる前に、身の回りの様々なグッズの準備を進めていらっしゃるのではないでしょうか。

赤ちゃんとお出かけの際に必需品となる、マザーズバッグはもう揃えましたか?大きなマザーズバッグを持っていると、ついつい荷物が増えがち。
今回は、実際に私が娘が小さい時に持ち歩いていた中で、特に入れておくと便利なグッズをご紹介します!

マザーズバッグに入れておきたい便利アイテム①プリント入りポリ袋

引用:store.shopping.yahoo.co.jp

なんで?と、疑問に思う方が多いかもしれませんが、私が実際に持ち歩いていて一番便利だなと感じたのが、このプリント入りのポリ袋です。

赤ちゃんとのお出かけは、思わぬゴミが出るケースが多いです。出先でのオムツ替えの際に、ゴミ箱がなかったり、ミルクゲロをしてしまって、濡れたティッシュを持ち帰らなくてはいけなかったり…。

そんな時に活躍してくれるのが、このプリント入りポリ袋なんです。これは、ただのスーパーの袋を持ち歩くというのは、なんだか味気ない…と思ったのがきっかけでした。
プリントが入っている袋なら、中身が見えないので、ごみを処分する際の周りへの配慮にもつながりますよね。

また、ゴミを入れるだけではなく、出先で急に持ち帰らなくてはいけないものが出たときや、人に何かを渡す際にも使えるので、とても便利!かさばらないので、私は常に5枚ほどバッグのポケットに忍ばせています♡

マザーズバッグに入れておきたい便利アイテム②タオルハンカチは3枚!

引用:shop.benesse.ne.jp

赤ちゃんのよだれを拭いたり、汗を拭いたりする際に活躍してくれるのが、タオルハンカチ。便利だけれど、毎回出先ですぐに汚れてしまう…。と、悩む方も多いのではないでしょうか?

色々と試してみた結果、私が一番便利だと思ったのは、タオルハンカチを3枚持ち歩くことです☆
1枚は赤ちゃんのよだれを拭くため、もう1枚は予備。そして、もう1枚はオムツポーチの中に忍ばせておいてください!

出先で、マザーズバッグは席に置いたまま、オムツポーチだけを手にしてオムツ替えに行く。そんなシチュエーションの時に、オムツポーチの中に忍ばせておいた3枚目が役立ってくれますよ♡

マザーズバッグに入れておきたい便利アイテム④大判の授乳ケープ

引用:www.sweet-mommy.com

赤ちゃんとのお出かけに、授乳タイムはつきもの。授乳室が近くにあればよいのですが、授乳室がなかったり、赤ちゃんが突然泣き出してしまったり。
そんな時に持っていると役立つのが、授乳ケープです。

その場で、人目を気にせずに授乳が出来る、というのが授乳ケープのメリットですが、実はほかの使い方もできる優れものなんです♡

例えば、外が少し肌寒い時には、おくるみにしたり、ひざ掛けにしたりも出来ます。
ねんね期の赤ちゃんは、サッと羽織を着せるのが難しいもの。そこで大判の授乳ケープを持っていれば、様々なシチュエーションに対応が出来ますよ。

リバーシブルレーシー授乳ケープ sp5104 ワイヤー入り ポーチ付き

¥5,961

販売サイトをチェック

マザーズバッグに入れておきたい便利アイテム④パウチ状の清浄綿

引用:item.rakuten.co.jp

最後にご紹介したいのは、パウチ状になった清浄綿です。1袋に2枚が入って売られているものが多いのですが、これを持っていると本当に便利!

赤ちゃんはまだお肌が弱いので、薬局などで売られている「除菌」等を謳ったウエットティッシュを使うことが出来ません。
そんな中、パウチ状の清浄綿は赤ちゃんのお肌にも安心して使えるだけではなく、2枚で1袋になっているので、常に清潔☆

よだれやミルクゲロを拭いてあげるだけではなく、デリケートな赤ちゃんのおしり拭きとしても使えます。おしり拭きはサイズも大きくてかさばるので、私はこの清浄綿を5,6袋持ち歩いて使っています。

清浄綿 2枚入×100包

¥717

販売サイトをチェック

マザーズバッグの中身と言えば、オムツにおしり拭きにお着替えに…と、赤ちゃんのための荷物でパンパン!
心配だからとついついたくさんの荷物を詰め込みがちですが、この4つのグッズを入れておくと他の荷物を減らせる場合もあるので、ぜひ参考にしてみてください♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。