毎日のケアが大事!肌が汚く見える「イチゴ鼻」の原因と治し方

メイクをする時、鼻の毛穴が目立って気になることはありませんか?

ひどくなると、プツプツとしたイチゴ鼻になってしまい、メイクでも隠し切れなくなってしまったり……。

今回は、イチゴ鼻の原因と、正しいケア方法についてご紹介します。

「イチゴ鼻」の原因は?

イチゴ鼻とは、鼻の毛穴に角栓が詰まり、ポツポツと目立つようになった状態のこと。

毛穴の角栓は、過剰に分泌された皮脂、古い角質、メイクなどの汚れやほこりが毛穴に詰まることでできると言われています。

また、その角栓が酸化して黒く変色し、目立って見えてしまうのです。

Tゾーンは皮脂分泌が盛んなうえに、鼻は突起していて、汚れや紫外線などの刺激を受けやすい部分でもあるため、特に鼻の毛穴は詰まりやすいと言われています。

イチゴ鼻の治し方①正しい洗顔をする

鼻の毛穴が気になるからと言って、ゴシゴシと強く洗っていませんか?

汚れをしっかりと落とすことはもちろん大切なのですが、強く洗いすぎて必要な皮脂まで落としてしまうのは、良くありません。

乾燥のせいで余計に皮脂分泌が盛んになったり、角質が厚くなってしまうこともあります。

こうなると、ますます毛穴が詰まりやすくなり、イチゴ鼻の悪循環に陥ることも……。

洗顔は、たっぷりの泡で優しく、丁寧に洗いましょう。

蒸しタオルを使って毛穴を開かせてから洗顔を行うと、毛穴の中の汚れが落ちやすくなりますよ。

イチゴ鼻の治し方②酵素洗顔やピーリングをする

毛穴の角栓は皮脂が30%、タンパク質が70%混ざったものなので、洗顔だけではなかなか落ちないこともあります。

そんな時には、タンパク質を溶かす作用がある酵素洗顔料や、AHAが入ったピーリング剤を使ってみましょう。

古い角質も除去できて、一石二鳥です。

ただし、酵素洗顔料やピーリングは肌に刺激が強いものですので、やりすぎには注意しましょうね。

イチゴ鼻の治し方③毛穴パックをする

大きくなってしまった角栓は、洗顔やピーリングでも除去しきれないことがあるでしょう。そんな時には、貼ってはがすタイプの毛穴パックも有効です。

ここでひと手間かけて、毛穴パックの効果をより発揮させましょう。

使うのは「オロナイン」。洗顔後に、オロナインをたっぷりと鼻に塗り、そのまま10分~15分程度放置します。

その後、ぬるま湯でオロナインをしっかりと洗い流して下さい。そして、毛穴パックを通常と同じように使います。

そうすると、いつもよりもゴッソリと角栓が取れるのを実感できるはず!

毛穴パックはヤミツキになりがちですが、角質も一緒にはがれてしまうので、肌を傷つけることもあります。多くても2週間に1度程度にとどめて下さいね。

また毛穴パックをした後は、毛穴がぽっかりと開いた状態で乾燥もしやすいので、引き締めタイプのスキンケアを使って、保湿もたっぷりしておきましょう。

イチゴ鼻の治し方④睡眠や食事に気をつかう

肌のターンオーバーが乱れると、古い角質がきちんと剥がれ落ちなくなり、毛穴のつまりに繋がっていきます。

肌をしっかりと生まれ変わらせるためには、毎日の睡眠が何よりも大切!

ゆっくりと入浴する、眠る前にはスマホを使わないなどのちょっとした工夫で、睡眠の質はずいぶんと変わっていきますよ。

また、食事も肌に影響を与えるもの。脂肪分の多い食事をとりすぎず、肌の生まれ変わりを促すビタミンを多く含んだ野菜を多くとるようにしましょう。

健康に良いと言われている習慣は、イチゴ鼻にも良いのです。
イチゴ鼻は、毛穴パックなどで1度すっきりしたとしても、毎日のケアを怠ればすぐに元に戻ってしまいます。

元の肌を健康にすることを心がけ、毛穴の目立たないツルツル鼻を目指して、毎日お手入れをしていきましょう♪

イチゴ鼻 原因 治し方 角栓 毛穴

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

奥島 美帆

『美は、心・技・体。』を掲げる美容研究家。

早稲田大学大学院卒。
運動生理学・…

>もっとみる