どこに行くか決めた?2015年見逃せない首都圏の花火大会4つ☆

旅行・おでかけ

この夏の花火大会はどこに行くか決めましたか?
毎年たくさんの花火大会が開かれていて、夏はウキウキしますよね♡
今回は首都圏の花火大会についてご紹介します。

首都圏の花火大会2015① 隅田川花火大会

東京の花火大会の代名詞といえば、隅田川の花火大会ですよね。

約20000発もの花火が上がり、東京の夏の夜空を彩ります♡
毎年たくさんの来場者数なので、子連れの場合はお気をつけて!

観に行く際は、近くの施設で配布される観覧用の整理券情報を早めにチェックして、快適な花火鑑賞にしちゃいましょう♡

◆隅田川花火大会
開催日:2015年7月25日(土曜日)
(雨天は7月26日に順延(両日とも実施できない場合は中止)
開催時間:19:05~20:30
観覧場所:桜橋下流~言問橋上流(第1会場)・駒形橋下流~厩橋上流(第2会場)
料金:無料(協賛席あり)
TEL:03-5608-1111

首都圏の花火大会2015② 東京湾大華火祭

出典:r.gnavi.co.jp

約12000発の花火が東京のオシャレなエリアをキラキラと彩る東京湾大華火祭は、高層ホテルやマンション、ビルなどからも眺めることができます。

お子さま連れは、高層ホテルのレストランなどからゆったり眺めるのも良いかもしれませんね♡

ホテルによっては、花火鑑賞用のプランなども用意されているので、ホームページをチェックしてみてください。

◆東京湾大華火祭
開催日:2015年8月8日(土)
時間:18:50~20:10
開催場所:東京港晴海埠頭沖海上、晴海ふ頭公園
打ち上げ数:約1万2000発
昨年の人出:約68万人

首都圏の花火大会2015③ 神宮外苑花火大会

出典:www.jinguhanabi.com

神宮球場周辺にて毎年8月に開催されている、神宮外苑花火大会。

こちらも前述の大東京華火大会と同じく、六本木ヒルズや東京タワーなどの高層建物やマンション、ホテルなどからも眺められます。

鑑賞場所によっては、東京の大都会の夜景と花火のコラボが楽しめそうですね♡表参道や渋谷、新宿方面からも見えるので、ゆったり眺めたい方は少し離れた場所もオススメですよ!

◆神宮外苑花火大会
開催日:2015年8月11日(火)
時間:19:30~20:30
開催場所:明治神宮外苑
打ち上げ数:約10,000発

首都圏の花火大会2015④ 神奈川新聞花火大会

横浜で一番キラキラしている街・みなとみらいの夜空を、さらに華やかにする神奈川新聞花火大会は、神奈川県最大級の15000発以上の花火が打ち上がるところが魅力のひとつです♪

首都圏の様々なエリアから、この日のために人が集まるので、少々混雑しますが、夏休みの想い出に、少しだけ遠出してみてはいかがでしょうか?♡

◆第30回神奈川新聞花火大会
開催日:2015年8月4日(火)
時間:19:00~20:15
開催場所:横浜みなとみらい21 臨港パーク前面海上
打ち上げ数:約15000発
昨年の人出:約20万人

いかがでしたでしょうか?
夏の楽しみは、やはり花火大会ですよね。
混雑も予想されるので、赤ちゃん連れの方はお気をつけてくださいね!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。