実は、デリケートで傷みやすい!ニットに関するトラブル解決策4つ

ファッション

2015年の冬は、ニットを使ったファッションが大流行♡様々な素材のニットは、何着でも欲しくなってしまいますよね。
毎日でも着たくなってしまうニットですが、実はデリケートで傷みやすいアイテムなんです。
「こんな時どうする!?」そんなニットに関するトラブル、4つの解決策をご紹介します。

ニットに関するトラブル解決策①ニットを引っかけてしまった時

着ているニットを何かに引っかけてしまい、糸が出てしまった!こんな場合、ハサミで切ってしまっている人はいませんか?

実は、飛び出てしまった糸をハサミで切るのはNGなんです。ではこんな時は、どのように解決したら良いのでしょうか。

オススメは、100円ショップなどでも手に入る、専用の引っかける棒を使った修復方法です。ニットにこの棒を刺し込み、そして飛び出てしまった糸を中に入れれば、表面から見たときに分からなくなりますよ。

ニットに関するトラブル解決策②洗濯によって縮んでしまったニットは、元に戻る?

出典:item.rakuten.co.jp

「大切なニットを洗濯したら、縮んでしまった…」そんな悲しい経験をしたことはありませんか?洗濯表示を見て気をつけて洗うのが基本ですが、すでに縮んでしまったのではもう手遅れですよね。

でも実は、縮んでしまったニットを元に戻す方法があるんです!
それは、アイロンの蒸気をあてながら、そっと手で伸ばしていく、というもの。

ただ、強く引っ張りすぎてしまうと、だらりと伸びてしまうので要注意です。あくまで、そっと・少しずつ行うのがポイントですよ。

ニットに関するトラブル解決策③ニットにタバコの臭いがついてしまった時

「大切なニットにタバコの臭いがついてしまった!」そんな時には、干して風通しを良くしておくのが、一番の解決策です。

まず、ニットを干しておく場所は、風通しの良い日陰を選びましょう。1日以上(2~3日でOK!)干しておくと、お洗濯をしなくても臭いがスッキリと取れますよ♡

タバコだけではなく、嫌な臭いがニットについてしまった時には、消臭スプレーを吹きかける方も多いと思います。ですが、消臭スプレーは成分によっては大切なニットにシミができてしまう場合もあるので、注意をしながら使いましょう。

ニットに関するトラブル解決策④ビジュー付きニットの自宅でのお手入れ方法

ビジューやスパンコール、ビーズなど、装飾が施されたニットは、着ているだけで女子力がアップしたような気持に♡

とても素敵なお洋服なのですが、こうしたビジュー付きのニットは、自宅でどのようにお手入れをするのが正解なのでしょうか。

一番安全なお手入れ方法は、手で優しく押し洗いすること。
装飾が施されたニットを洗濯機にかけてしまうと、ビジューなどが中で叩かれて破損したり、引っかかったりとダメージの原因に繋がってしまいます。

いかがでしたか?今回ご紹介した4つの対策方法を実践しつつ、一度着たら数日は休ませてあげるなどの工夫をすれば、大切なニットを長持ちさせることができます。

また4つの方法を実践するにあたって、不安なことがあったり、うまくいかないことがあれば、専門のクリーニング店に相談すると良いですよ。