ハワイに移住!優しい3児のパパ「つんく♂」さんの子育てエピソード

子育て・ライフスタイル

2014年に咽頭がんで声帯を失った、つんく♂さん。

現在は総合エンターテインメントプロデューサーとして活動中で、2016年7月からハワイに移住しています。

そんなつんく♂さんの子育てエピソードをご紹介します♪

ハワイに移住!つんく♂さんの子育てエピソード①お子さんは3人♡

出典:www.tsunku.net

つんく♂さんは、元モデルの出光加奈子(いでみつかなこ)さんと、2006年6月に結婚。

2008年4月には男児、女児の二卵性双生児が誕生、2011年3月には第三子となる女の子が誕生しています。

自身が仕事の幅を広げる機会に併せて、子どもたちにも“グローバルな人間に育ってほしい”との願いを込めて、今夏からハワイ移住に踏み切ったそうです。

現在、つんく♂さんは、日本とハワイを行ったり来たりする多忙な生活を送っているそう。

あまりプライベートの話をされないので意外かもしれませんが、つんく♂さんは、とっても家族思いの優しいパパなのです♡

ハワイに移住!つんく♂さんの子育てエピソード②発言が共感を呼んだことも♡

以前、Twitter(ツイッター)上で、赤ちゃん連れのお母さんにつんく♂さんがかけた言葉が優しい、と話題になったことがあります。

離陸から着陸まで、機内でずっと泣いてた赤ちゃんのお母さんと目が合った、つんく♂さん。

「すみませんでした。」と申し訳なさそうにする彼女に対して、ねぎらいの言葉をかけたそう。

そして「2時間泣き続けたこの子が一番がんばった。エライエライ!」と言ったら、お母さんがなんと、感極まって泣いてしまったのだとか。

つんく♂さんの温かい言葉に、お母さんはどれほど助けられたことでしょうか……。子育て経験のある方なら、身に染みるはずです。

公共の場で泣く子どもに関しては賛否両論ありますが、当時、まだお子さんがいなかったつんく♂さんの対応は、とても紳士的なものでした。

お子さんの誕生後には、この件について、

「お母さんの苦労を周りの大人たちも受け止め、分かち合う精神が必要なのではないか。」

と語っています。

ハワイに移住!つんく♂さんの子育てエピソード③子育て参加のきっかけは「妻」

お子さんが生まれるまでは、ミルクを作ったり、オムツを替えたりする自分を想像していなかったというつんく♂さん。

けれど、最初に生まれたお子さんが双子だったため、自然と奥さんの子育てを手伝うようになったのだとか。

「少しでも妻の手助けをしたいと思った」と語る、つんく♂さん。

今では、お弁当作りの手伝いで、コロッケを丸めたりもするそうです。

台所に立っているつんく♂さんの姿を想像すると、あたたかい気持ちになりますね♡

ハワイに移住!つんく♂さんの子育てエピソード④生まれてきてくれてありがとう!

今春、次女が5歳の誕生日を迎えたそう♪

ブログでは、お子さんの成長っぷりと一緒に、日々の小さな発見も綴っています。

「成長が寂しいのは親ばかりなのかなぁ……」という切ない一言からも、お子さんのことを本当に想っていることが伝わってきます。

年初に「健康一番、楽しさ一番!」と目標を掲げていた、つんく♂さん。

「愛すべき家族を思えば、他に何もいらない。そんな気持ちです。」とも語っていました。

咽頭がんと闘っているつんく♂さんだからこそ感じる、生きられることの喜びを噛み締めていたのでしょう。

前を向いて有意義な人生を歩んでいきたい、という思いを込めて書いた著書の中にも、家族への愛情が綴られています。

つんく♂さん著書「だから、生きる。」

¥1,404

販売サイトをチェック

出典:news.mynavi.jp

前向きに生きようとするつんく♂さんの姿に、心打たれる方も多いのはないでしょうか。

命と引き換えに声を失ったつんく♂さんですが、家族との生活を第一に考えて、ハワイへ移住されていたのですね。

つんく♂さんのお子さんたちは、才能溢れるアーティストだという噂もあるので、今後が楽しみです♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。