子供の外遊び…柔軟性とバランス感覚に大きく作用するって本当!?

子育て・ライフスタイル

皆さんはお子さんを外遊びさせていますか?
雨が降っていたり、日差しが強かったりとママ自身、なかなか足が向かないかもしれません。
でも実は、外遊びって子供の成長にとっても大切なんですよ♪その理由をご紹介します。

秋間 恵璃
秋間 恵璃
2015.07.18

皆さんのお子様は外遊び派ですか?家遊び派ですか?

4yuuu!読者の方の中にはお子様がいらっしゃる方も多いと思うのですが、皆様のお子様は外遊びと家遊び、どちらの方が好きですか?

基本的には子供の好みに合わせてママがお付き合いしてあげると思うのですが、今の時期は雨が降っていて外に出られなかったり、日差しが強くママ自身がなかなか外へ足が向かなかったりして外遊びを控えている場合もあると思います。

でも、外遊びをすることが子供の成長にとても重要な効果をもたらすんですよ♪

一体どんなことに影響があるのか、どれくらいの年齢まで外遊びをさせたほうが良いのかなどについてご紹介致します。

外遊びが子供の柔軟性やバランス感覚に影響…!?

暑くても頑張って子供の外遊びに付き合っているママさん♡ちゃんとその意味はあるのでご安心ください!

子供の外遊びは柔軟性やバランス感覚に影響を及ぼすそうです。

今、子供の中で片足立ちが出来なかったり、かかとを着けてしゃがめなかったりと体を動かす基本になってくるバランス感覚や柔軟性が充分でないというケースが目立つそう。

これは昔に比べ、外遊びをする機会が減っていることが大きく関わっています。外での遊びは木登りや鬼ごっこなど体全体を使う遊びが多いですよね。

こうした遊びを積み重ねることで柔軟性やバランス感覚を培って大きくなっていくんですね☆

お子さんの柔軟性とバランス感覚は大丈夫?4つの項目をチェック!

小学校や中学校に通うくらいのお子様がいる場合は、子供のこんな項目をチェックしてみてください☆

・フラフラせずに5秒間片足立ちが出来るかどうか

・両脚のかかとを地面につけたまましゃがむことができるかどうか

・両腕を真上にあげることが出来るかどうか

・前屈をしたときに両手の指先が地面に着くかどうか

全ての項目をクリアできる子供が以前に比べて減ってきてしまっていることが調査によってわかっているそうなのですが、皆さんのお子様はいかがですか?

どれくらいの時期まで意識して外遊びをさせるのが効果的?

出典:www.minnanokoen.net

柔軟性やバランス感覚に外遊びが重要!そんな話を聞くと、今すぐ外遊びを指せなくちゃなんて気持ちが焦ってしまいますよね。でも子供自身が好きでないことを強要するのは外遊びが嫌いになってしまったりと逆効果に…。ママが意識して、適度に外遊びをさせてあげましょう☆

では、一体どれくらいの時期まで意識して外遊びを指せたらいいのでしょうか。

より意識をして外遊びをさせた方が良いのは小学校低学年くらいまでなんだそうです。小学校低学年までの子供なら一緒に公園で遊びやすいですね♪

ママも一緒に楽しんで、外遊びをしてあげましょう!

外遊びが柔軟性やバランス感覚に影響を及ぼしているなんて、子育てにはまだまだ未知なことがいっぱいありますね!
暑い夏もたくさんお外で遊んであげたくなっちゃいます♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。