子どもの鋭い観察力に「ドキッ!」お弁当のあるあるエピソード4つ

子どもの園や学校によって、毎日お弁当持ちというご家庭もあるのではないでしょうか。

連日のおかずを考えるのは、時にはママにとって苦痛になることも……。

"今日も乗り切った!"と思っていたのに、空っぽのお弁当箱と一緒にかえってきた子どもの一言に「ドキッ!」としたというエピソードをご紹介します。

お弁当あるあるエピソード①材料やおかずの使いまわしがばれた!

安くて栄養価の高い豚肉。育ち盛りの子どもがいるご家庭では、まとめ買いすることも多いですよね。

月曜の夕飯の肉じゃがに半分使って、残り半分は、明後日の水曜のお弁当で、野菜炒めの肉として使用するなど、登場頻度が多くなることも。

中高生がいるご家庭では、観察力が鋭くなった子どもがママへ「今日のお肉って、一昨日と同じだよね。」と言ってくることもあるそうですよ。

お弁当あるあるエピソード②お弁当に定番のあの野菜が消えた!?

雨や日照不足が続くと、レタスなどの葉物野菜、ブロッコリーなどの価格が上がり、ママたちもお弁当のネタに頭を悩ませます。

小松菜がお弁当のおかずとして毎日入っていたことに気付いた子どもは、「ブロッコリーがお弁当にから消えたのは、野菜が高いからなのね」と、見事に察知した様子でした。

お弁当あるあるエピソード③おかずが少なめのときは果物でかさ増し

お弁当のおかずが少なめだったりすると、ママが考えることは、「お弁当のすき間をいかにして埋めるか」ということ。

切り分けたリンゴを入れると変色するので、お弁当のメニューとしては相応しくありません。

梨や柿といった、時間が経過しても変色せず、おいしく食べられる果物は、お弁当で悩むママの救世主!

お弁当のスペースを埋め、かさ増しするのにとっておきの食材です。

実際に子どものお弁当に梨や柿を入れたら、「果物はおいしかったけれど、おかずのネタギレだよね。」と言われて、果物でのかさ増しがばれてしまったという話もあったそうです。

お弁当あるあるエピソード④実家からのおすそ分けがばれた!

ワンパターンになりがちなママのお弁当。そんなママを救ってくれるのが、実家からのおすそ分けです!

ある日のお弁当に、おすそ分けしてもらった野菜やおかずを入れたところ、子どもはいつものお弁当と違うことに気づきました。

そして、子どもから「ばあばから送ってもらったものがお弁当に入っていた」と実家の母に言われる始末……。

ママは子どもの観察力に驚きましたが、子どもは、いつもと違うおかずのお弁当が嬉しかった様子だったそう。

たまには、実家のおすそ分けもお弁当に入れると、ママも負担が減り、子どもも満足になりますね。
意外と鋭い子どものお弁当に関する観察力に「ドキッ!」とすることもありますが、野菜の高騰、実家のおすそ分けを知ることによって、家の食卓事情を知るきっかけにもなります。

お弁当を作るときには、常に心がこもっているはず。たとえワンパターンでも、ママから子どもへの思いはきっと伝わりますよ♪

子ども お弁当 あるあるエピソード ママ 弁当

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

高橋はるか

10代の二人の子どもを持つ育児&人生経験が豊富なワーママ。
日々忙しくても人間力&女子力はキー…

>もっとみる