冬が肝心!正しい「足の爪のお手入れ方法」とは

美容

冬は、素足を出す機会もなく、足の爪のお手入れを怠りがちです。暖かくなって慌ててお手入れするより、冬の間に正しいお手入れをして、輝く素足を手に入れましょう♪

冬が肝心!足の爪のお手入れ方法①爪のお掃除をしましょう!

引用:slism.net

冬場はタイツや厚い靴下を履く機会が多いので、爪の中にもその繊維のカスなどが溜まりやすくなり、臭いの原因になります。

爪の間の汚れのお掃除には、ブラシを使います。専用のブラシでも良いのですが、使い古しの歯ブラシでも大丈夫です!石鹸などを泡立てて、塗らした歯ブラシに泡をつけて、爪と皮膚の間をやさしく洗いましょう。

その際、爪楊枝などの先が尖ったものは使用しないで下さいね。何かの拍子に力が入ってしまうと、刺さってしまい、皮膚を傷つけてしまいます。

冬が肝心!足の爪のお手入れ方法②正しい爪の切り方!

足の爪切りは、入浴後がベストです。
手の爪より、爪そのものと甘皮も硬いので、お湯で十分に柔らかくすることをおすすめします。フットバスを使用する場合も、10分ぐらいは浸けておきましょう。

まず、伸びた部分を真っ直ぐに切り、それから左右を少しだけ、斜めに切ります。その後に、紙ヤスリで形を整えます。長さは、指と同じぐらいです。左右を深く切りすぎると、巻き爪の原因になりますので、気をつけて下さいね!

冬が肝心!足の爪のお手入れ方法③甘皮のお手入れ

引用:www.bellaisaboracay.com

甘皮のケアも大切です。こちらもお風呂上がりにお手入れしましょう。

オレンジウッドスティックなどにコットンを薄く巻きつけて、小さな円を描くようにクルクルと回しながら、優しく甘皮を押し上げます。その時、爪表面の汚れ(古い角質)も取り除いて下さいね。

お手入れをしていない足の爪の甘皮は、かなり頑固です。一気に行わずに、少しずつ押し上げていくのがポイントです。力を入れすぎると皮膚を傷つけてしまうことがあるので、気をつけて下さいね。

冬が肝心!足の爪のお手入れ方法④仕上げは……

一通りのお手入れが終わったら、顔やボディー用の化粧水を足につけて、手で包み込んで浸透させます。
化粧水が浸透したら、保湿用のローションを使って、軽く足をマッサージします。最後に、爪用のオイルを甘皮の部分につけて、こちらも軽くマッサージして終了です。

足の爪は、毎日、窮屈な靴を履き続けることで、変形してしまうこともあります。同じ靴を続けて履かずに、ローテーションさせてくださいね♪

いかがでしたか?寒い時期は隠れがちな足の爪。今のうちにきちんとお手入れをして、素足に磨きをかけましょう。ぜひ試してくださいね。