赤ちゃんのねんね、間違えてない?!冬に知っておきたいポイント

子育て・ライフスタイル

言葉を発することができない赤ちゃんのための、冬に知っておきたい、パジャマやねんねの事情を紹介します!
赤ちゃんに、健やかな眠りを。

冬の赤ちゃんのねんねで知っておきたいポイント①赤ちゃんは暑がり!寝間着について。

深夜早朝の冷えが厳しい、冬。そんな中、寝返りや寝相でお布団を蹴っ飛ばしてしまいがちな赤ちゃん。

風邪をひいたら大変!と、つい厚着をさせてしまっていませんか?実は、赤ちゃんは暑さにとても弱く、この着せすぎが、眠りを浅くしてしまうんです。

体温の高い赤ちゃんの寝間着は、大人マイナス1枚に。厚着はかえって汗をかいて風邪をひく原因になってしまうので、要注意です!

赤ちゃんがねんねをする時には、肌着に長袖長ズボンのカバーオールや、長袖ボディスーツにズボンなどが良いでしょう。

冬の赤ちゃんのねんねで知っておきたいポイント②お布団の掛けすぎは、SIDSにも繋がる?

出典:item.rakuten.co.jp

大人は毛布に羽毛布団で寝ているのだから、赤ちゃんにもしっかりお布団を…というのは大きな間違い!

お布団の掛けすぎは、暑いのはもちろん、小さな赤ちゃんへの負担となり、乳幼児突然死症候群(SIDS)にも繋がると言われているんです。

冬の赤ちゃんのねんねには、お布団ではなく洋服や空調で、暖かさの調整をしてあげましょう。お布団を蹴っ飛ばしてしまうのは、実は”暑い”というサインや”重たい”というサインでもあるんです。

冬の赤ちゃんのねんねで知っておきたいポイント③冬は、スリーパーが大活躍!

出典:gift.fcart.jp

厚着をさせることはできなくて、でもお布団は蹴っ飛ばしてしまうし…。わかっていても、これではさすがに心配ですよね。

そんなママにオススメなのが、スリーパーです。フリース素材や毛布のような素材の物が多く、毛布を着せているような感覚です。

ゆとりのあるつくりなので、赤ちゃんの動きの妨げにもならず、暑すぎる心配もありません。これならどんなに寝相の悪い赤ちゃんでも安心です!

冬の赤ちゃんのねんねで知っておきたいポイント④暖房の使用に関するポイント!

赤ちゃんにとって快適な室内の温度は、18-24度と言われています。なので、暖房は控えめにして加湿器などを使い、お部屋の温度を調節してあげるのがオススメ!

加湿器は風邪予防にもなりますし、空気清浄機との合わせ使いでお部屋の環境はバッチリです。

冷え性の女性は多く、靴下を履いて寝る人もいますが、赤ちゃんの足は温度を感じる大切な場所なので靴下はNGです!
手足が冷たくても、背中を触って暖かければ赤ちゃんはOKですよ。

冬の赤ちゃんのねんねのポイントをご紹介しました。
寝間着、お布団、暖房についてしっかりと大人が理解し、赤ちゃんの健やかな眠りを守ってあげましょう。
赤ちゃんに合わせると少し大人は寒いかもしれませんが、大人には多様な寝間着が販売されてるので、上手に合わせてあげましょうね。