お砂糖で冷え性を撃退!?体を温めてくれる「甜菜糖」がすごい

お砂糖で冷え性を撃退!?体を温めてくれる「甜菜糖」がすごい

白砂糖、グラニュー糖、黒砂糖、きび砂糖など、お砂糖にはたくさんの種類があります。その違いは何か?白砂糖は健康にあまり良くないという話も聞きますがなぜなのか?気になりますよね。
料理、お菓子、調味料など、私たちが普段口にするありとあらゆるものに入っているお砂糖。その中でも、体を温め冷え性を撃退してくれる効果の期待できる「甜菜糖」をご紹介します。

冷え性撃退!「甜菜糖」とは①砂糖の種類と原料について

kareisyutaisaku.net

白砂糖、三温糖、きび砂糖、黒砂糖など、ほとんどのお砂糖はサトウキビを原料としています。甜菜糖のみ、てんさいという砂糖大根から作られています。

サトウキビは沖縄など熱帯地域の植物なので体を冷やす作用があり、北海道で採れるてんさいは体を温める作用があります。

また白砂糖、グラニュー糖など精製された砂糖は消化の吸収が早い分、血糖値の上下が激しく、すぐにまた甘いものが欲しくなったり、イライラしたり、低血糖症が起こりやすいと言われています。

冷え性撃退!「甜菜糖」とは②冷え性には甜菜糖がオススメ♡

甜菜糖には体を温める作用があり、更にオリゴ糖が多く含まれているので、ビフィズス菌を増やしてくれ、お腹にも優しいお砂糖。便秘や冷え性が気になる方は、甜菜糖が体に合うかもしれません。

私の実家では甜菜糖を使っていたので、私も毎日料理に使っています。そのおかげか、妊娠中も便秘知らずでした。

また、甜菜糖は精製されていません。ゆっくり消化されるので血糖値の上下が緩やかで、少しの糖分で満足できるので摂取量が少なくてすみます。ヘルシーで嬉しいですね♪

冷え性撃退!「甜菜糖」とは③デメリットについて

www.tomizawa.co.jp

女性のお悩み・冷え性や便秘の解消に効果のある甜菜糖は、完璧なお砂糖!と思いますが、この甜菜糖、薄茶色で少し独特の風味があるんです。

お料理や和菓子には問題ないと思いますが、洋菓子には向かないこともあります。甜菜糖を使ってショートケーキなどの白いスポンジやメレンゲや生クリームを作ると、少し色がつきます。フルーツでジャムを作る際も、甜菜糖そのものの風味が残ります。

気になる方は気になるかも知れませんので、その時だけ、上白糖やグラニュー糖を使うのも良いと思います。

冷え性撃退!「甜菜糖」とは④洋菓子には美容効果もある蜂蜜を♡

item.rakuten.co.jp

洋菓子を作る時に、体を冷やしてしまう白砂糖を使いたくない…そんなとき、私は甘味料で人気の蜂蜜を使うことが多いです。

シフォンケーキやメレンゲなど、しっかり泡立てたいものには向きませんが、マドレーヌやパウンドケーキなどにはぴったり♪もっちりと蜂蜜の甘みのする美味しいお菓子ができます。また、寒天にも合います。クックパッドやレシピ本にも蜂蜜スイーツがたくさん載っていますよね。

蜂蜜はビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCを大量に含んでいます。蜂蜜の美容液があるくらいお肌に良いもの。ありがたい食品ですね。

甜菜糖はココアなどに合いますので、蜂蜜でマドレーヌを作って、甜菜糖入りのココアを一緒におやつタイムも良いですね♡
冷え性を撃退したい方におすすめの、我が家で使っている甜菜糖についてご紹介させていただきました。たくさんの甘味料があり、それぞれメリットデメリットがあると思うので、その時自分に合ったものを使って上手に付き合っていきたいなと思います。

甜菜糖はアメリカでは遺伝子組換えのものが多くあるそうなので国産のものを、蜂蜜は成分表を見て砂糖が入ってないかチェックしてみてください♪

甜菜糖 冷え性 撃退 砂糖 甘味料 蜂蜜 オリゴ糖 健康 美容 家族 栄養

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

笹川香織

もうすぐ一歳になるやんちゃな娘に奮闘中!(^^)!
子どもと一緒に毎日を楽しく過ごしたい♡

>もっとみる