何が違うの?意外と知らないコーヒーの飲み方の違いとは

グルメ・レシピ

朝の一杯や、疲れた時のリフレッシュに欠かせないコーヒー。ブラックで飲むのも美味しいですが、ミルクを加えたまろやかなコーヒーは、とっても癒されますね。
コーヒーの飲み方には様々な名前がありますが、正式にはどんな違いがあるかご存知ですか?

コーヒーの飲み方の違い①カフェオレ

引用:kanifkdlljdl.hatenadiary.jp

まずは、カフェでも一番多く目にする「カフェオレ」からご紹介します!

カフェオレは、もともとフランス語で、“ミルク入りのコーヒー”という意味。つまり、ドリップコーヒーに同量のミルクを注いで作ったものが、カフェオレなんです。

濃いコーヒーでも、ミルクを入れることでまろやかになり、飲みやすい口当たりになるのが人気の理由ですね♪

コーヒーの飲み方の違い➁カフェラテ

引用:www.hotpepper.jp

続いては「カフェラテ」。

カフェオレと何が違うの?と一番混乱しそうなこちらですが、カフェラテはもともとイタリアの飲み物。カフェオレのベースがドリップコーヒーになのに対し、カフェラテはエスプレッソをベースにしています。

エスプレッソは、ドリップコーヒーよりも苦味が濃いので、ミルクとの分量は2:8だそう。さらにはスチームミルクを使うことで、カフェオレよりもまろやかな仕上がりになるのが特徴です☆

コーヒーの飲み方の違い➂カプチーノ

それでは、「カプチーノ」はどんなものなのでしょうか?

カプチーノは、エスプレッソに泡立てた牛乳を加えたもの。蒸気で温めたスチームミルクを注いだのがカフェラテであるのに対し、カプチーノはそこに泡立てたフォームミルクも加えているのです。

エスプレッソとスチームミルク、フォームミルクの割合は1:1:1。ミルクが泡立てられている分、ふわふわの口当たりを楽しむことができます♡

コーヒーの飲み方の違い④フラペチーノ

スターバックスの定番メニューともいえる「フラペチーノ」。これは、もともと「フラッペ」と「カプチーノ」を組み合わせた、スターバックス独自の造語です。

氷とともに飲み物を攪拌して作った飲み物で、大きく分けるとコーヒーフラペチーノやクリームフラペチーノ、ティーフラペチーノの3種類。

季節ごとに限定商品が販売されるフラペチーノは、スターバックスのオリジナルだったんですね♪

いかがでしたでしょうか?注文するたびに、違いに迷うコーヒーのメニュー。いまさら人には聞けない、コーヒーの違いをご紹介しました。
ぜひ参考にして、カフェでの注文時に役立ててくださいね。