皮膚科医からプレママさんへ。妊娠中に起こる肌トラブルの原因と対策

美容

妊娠中は様々な肌のトラブルが起こり、悩んでしまう妊婦さんも多いと思います。症状のひどい方は、皮膚科を受診される方もいらっしゃるくらいです。

何かと不安になることの多い妊娠期、私自身も経験した妊娠中の肌の変化とその原因、対策についてご紹介します。

妊娠中に起こる肌トラブルの原因と対策〈そもそもなぜ妊娠中に肌トラブルが起きやすくなるの?〉

待ちに待った妊娠。妊娠すると体内のホルモンバランスが一気に変わり、様々な体の変化が起きて、戸惑う妊婦さんも多いのではないでしょうか。

エストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)といった女性ホルモンが急激に分泌されることにより、ホルモンバランスの乱れを生じます。それに加え、つわりによる栄養の偏り、イライラ、不眠、便秘など、様々な事が要因となって、妊娠中に吹き出物や肌荒れ、シミ、かゆみなどの肌トラブルが起きやすくなります。

症状の程度に個人差はあるものの、妊婦さんの多くが通る道です。

妊娠中に起こる肌トラブルの原因と対策〈ニキビ、吹き出物、肌荒れ…妊娠中はどうすればいいの?〉

では、妊娠中にできてしまったニキビ、吹き出物、肌荒れなどの肌トラブルは、どうすればいいのでしょう?

妊娠中の肌トラブルには、妊娠により分泌の増えるプロゲステロンが大きく関係しています。
プロゲステロンは生理前にも分泌が増えるホルモンで、男性ホルモンと似たような作用があり、皮脂の分泌を多くさせたり、「角化」といって、毛穴を詰まりやすくしてしまう作用があります。

症状がひどい場合は皮膚科を受診するのも良いですが、胎児への影響の懸念もあり、使えるお薬には制限があります。

また、妊娠中なので、できるだけお薬を使いたくないという妊婦さんも多いでしょう。処方できる薬は、ビタミン剤や抗菌作用のある塗り薬くらいで、様子を見ることがほとんどです。

肌荒れがひどいからといって、やみくもに化粧品を変えたり、色々なスキンケアを試すのはあまりオススメできません。なるべくお肌に刺激を与えないようにし、敏感肌用の化粧品を使用する、帰宅後にはすぐにメイクを落とすなど、基本的なスキンケアを心がけてください。

妊娠中に起こる肌トラブルの原因と対策〈妊娠中に一気に増えたシミやそばかす…消えますか?〉

妊娠中は女性ホルモンの増加、特にプロゲステロンの作用により、シミの元となるメラニンを作っているメラノサイトが刺激され、シミやそばかすができやすくなります。妊娠性肝斑(かんぱん)とよばれる特殊なシミもあるくらいです。ほくろが増えた、大きくなってきたという相談も受けることがあります。

これらは出産後に落ち着いてくることが多いので、妊娠中の治療はおすすめしていません。
しかし、紫外線を浴びる事によってもシミができやすくなるのは妊娠前と同じですから、紫外線対策はしっかりしてくださいね。メラニンの生成を抑えるビタミンCなどを、意識して摂ることも大切です。

同じ原因で、妊娠中には乳輪、わきの下、外陰部など生理的にメラニンの多い部位はさらに色素沈着が強くなります。体毛が濃くなる場合もあります。

黒ずみや濃くなった毛を見て、ショックを受ける妊婦さんもいらっしゃるかもしれませんが、これも出産後には改善してくる方がほとんどですので安心してください。

妊娠中に起こる肌トラブルの原因と対策〈妊娠中の肌のかゆみ…我慢するべき?〉

妊娠に伴い、肌のかゆみを感じる方はとても多いようです。
妊娠すると女性ホルモンが増える一方、女性にも存在している男性ホルモンが相対的に減少します。男性ホルモンが低下すると、皮膚が乾燥しやすくなり、かゆみを生じやすくなります。

「妊娠性皮膚掻痒症(そうようしょう)」といって、見た目にぶつぶつなどはできていないにも関わらず痒みの症状があるものから、赤い発疹が広範囲に出て強い痒みを伴う「妊娠性痒疹(ようしん)」、「PUPPP」(pruritic urticarial papules and plaques of pregnancy )と呼ばれるものなど、様々な皮膚の変化があります。

まずは、保湿や部屋の加湿など、お肌の乾燥対策をきちんとすることが大切です。これらのかゆみも産後には軽快しますが、かゆみはとてもストレスになりますよね。

ただでさえ、妊娠中にはストレスを感じる事が増えるので、かゆみが辛くて眠れなかったり、日常生活に支障をきたす場合には、無理をせず皮膚科を受診しましょう。妊娠中でも使える痒み止めの塗り薬や飲み薬で、とても楽になる場合があります。

妊娠中に起こる肌トラブルの原因と対策をご紹介しました。

妊娠中には様々な肌トラブルが起きますが、出産後には落ち着いてくることがほとんどです。産後も気になる場合には美容皮膚科などで治療することも可能です。無事に赤ちゃんが産まれてくるまでは、焦らずゆったりとした気持ちでマタニティライフを過ごしましょう。