ブーム先取り♪東南アジアの麺料理「ラクサ」に大注目!

グルメ・レシピ

東南アジアで今人気の麺料理、「ラクサ」をご存知ですか?
スパイシーなダシにココナッツミルクの甘さがたまらないこのラクサが、一度食べたらやみつきになる味!と話題になっているんです♡

東南アジアの麺料理「ラクサ」①ラクサとは?

引用:www.ocean-sound.com

ラクサとは、ターメリックやガランガルなどの香辛料をたっぷりと使った、東南アジアの麺料理。

主にシンガポールやマレーシアで食べられていて、香辛料のスパイシーさとココナッツミルクの甘さが絶妙にマッチしています。

一度食べたらやみつきになるその美味しさから、日本でもハマる人が続出中♡
また、ラクサは米粉を使っているので、意外とヘルシー!SNSでも話題を集めています。

東南アジアの麺料理「ラクサ」②ペーストの作り方☆

ラクサは、ラクサペーストというスパイシーなペーストが味の決め手。

まず、赤唐辛子(10個)と乾燥エビ(大さじ2)を沸騰したお湯で20分煮込み、粗みじんネギ(1カップ)とにんにく、生姜、ターメリックにレモングラス、クミンパウダーを小さじ1杯ずつ加えてミキサーで攪拌します。

そこにオリーブオイルを少量ずつ追加しながら、ペースト状になるまで回し続けたら完成!
ココナッツミルクと合わせるとマイルドになるので、ラクサペーストは辛くてOKです♪

東南アジアの麺料理「ラクサ」③ラクサの作り方☆

引用:www.tablemark.co.jp

それでは、ラクサを作っていきましょう♪

鍋に先ほど作ったラクサペースト(大さじ2杯)を入れ、鶏がらスープ(6カップ)と砂糖(大さじ1)、そして油を入れて中火にかけます。

そこにお好みの具材(鶏肉やもやし、厚揚げなど)を加えて煮込み、火が通ったらココナッツミルク(2カップ)を注いで混ぜ合わせましょう。

米麺を茹でて器に盛り、スープを注いでライムを絞ればラクサの完成です♡

シンガポール料理「ラクサ」④お店で食べるには?

「食べたいけれど、ラクサを自宅で作るのは手間がかかる…」という方は、ぜひお店でいただいてみてください。

ラクサは、マレーシアやシンガポールで食されるお料理なので、シンガポール料理屋さんでいただくことができます。

オススメは、シンガポールチキンライスで有名な「カフェ・シンガプーラ 海南鶏飯」♡
カレー風味のスパイシーな出汁に、ココナッツミルクの甘さが絶妙で、やみつきになるラクサを味わうことができますよ♪

◆カフェ・シンガプーラ 海南鶏飯
場所:東京都港区六本木6-8-22
電話:03-3478-9655
営業時間:11:30~15:00(LO.15:00) 18:00~23:30(LO.22:30)
土日祝:11:30~23:30(LO.22:30)

いかがでしたでしょうか?
シンガポールで人気の麺料理「ラクサ」をご紹介しました。テレビや雑誌でも、じわじわと人気が広がりつつあるラクサ。ぜひ、ブームの先取りをしてみてくださいね♪